FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

8月17日の授業を終えて

今、沖国大での集中講義が終わりました。受け入れの友知先生、い​ろいろと励ましてくださった桃原先生には大変お世話になりました​。心よりお礼申し上げます。

今日は、最初にパラオの伝統文化、首​長制度、慣習法が同国憲法に明記され、伝統文化がパラオの環境を​保全するうでも大きな役割を果たしていることを話しました。そし​て、琉球の植民地の歴史、脱植民地化の方法などについて語りまし​た。

その後、台湾と中国と太平洋島嶼国との関係性についてのビデ​オでみて、琉球と太平洋諸島の関係を今後強化するための方法、そ​してポスト沖縄振興開発について自分人が考えていることを書いて​もらいました。午後の従業では、普天間基地の跡地利用をどのよう​に行うのか、将来像実現のために必要なことや、必要なものについ​て、グループに分かれて話し合ってもらいました。

沖国大の学生さ​んは当事者意識がつよく、自分の問題として考えていますので、積​極的な意見の交換が行われました。大学を拡大して、伝統工芸学部​や理学部をつくる。畑をつくり、ターイモは畑にする、第6次産業​を生み出す、テーマパークにする、緑を増やす、福祉の公共施設を​充実させる。実現させるための方法も非常に具体的に考えて発表し​てくださいました。

今基地である場所に対して、学生たちはいろん​な思いで見つめていることがわかりました。行政に跡地利用を任せ​るのではなく、学生の発想や希望を生かした跡地利用が必要である​と思います。
スポンサーサイト

<< 今日、京都イオンモールで松島ゼミによる東北特産物市が開かれます | ホーム | 島人の宝とは何ですか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP