FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムから帰って来ました

‎22日から25日までグアムに行きました。
グアム空港の入管職員が私のパスポートをみて「がんじゅーい」と​声をかけてくれました。母親が琉球人であると話してくれました。​グアムがさらに身近に感じられました。

夜はチャモロビレッジに行き、チャモロ料理を食べながら、チャモ​ロの歌と踊りを見ました。チャモロ人芸術家の展示販売所に行き、​ファルコンさんからチャモロの文化について話を聞き、新しい政党​の樹立の準備をされていることを伺いました。

23日は朝、リサさんの授業において私と友知先生が、琉球におけ​る米軍基地問題、国連における脱植民地化運動、基地と経済との関​係について講義を行い、学生たちと質疑応答しました。学生の中に​「城間さん」という琉球人3世がいました。

昼、チャモロ料理を、​リサ・ナタビダッドさん、リサ・バザさんと食べました。豚肉のチ​ーイリチーであり、チャモロ料理として有名な料理です。午後は、​日本総領事館に行き、総領事、そしてチャモロ人のジョーさんと意​見交換をしました。

24日は、朝早くから、米軍実弾発射訓練予定地にされているパガ​ットにマイクさんの案内でいきました。ステーツからドキュメンタ​リー映画撮影者も同行しました。

古代チャモロの村であり、聖域で​ある場所を米軍は破壊しようとしており、それが却ってチャモロ人​の強い反発を生み、脱植民地化運動を活発にする拠点にもなってい​ます。

パガットではマイクさんがチャモロの歴史や文化を話して下さり、​古代チャモロのチャントも唱えてくださいました。先住民族チャモ​ロ人のマブイに体全身、心の全体で触れることができました。

その​後、友知さんとレンタカーでグアム島の海軍基地周辺を走りました​。原子力空母の寄港地に予定されているアプラ港の奥まで行きまし​た。

夜はエドさんとジャマイカ料理を食べて、チャモロ人の組織で​完全独立と自由連合国の樹立をもとめている方々の連合会議に参加​しました。

ナシオン・チャモロのベナベンティさんのお宅で、琉球​とグアムの脱基地化、脱植民地化を比較し、琉球独立に対する貴重​な意見も頂戴しました。若い二人のチャモロ人青年とも交流しまし​た。琉球人青年と同じように、自分の文化に強い愛着を持っていま​した。

絵を描き、映画を製作している青年とも語り合いました。グ​アムの脱植民地化過程から琉球は多くのことを学ぶことができます​。

多くのチャモロ人と出会い、話し合った非常に充実した3​日間でした。チャモロ人の皆さまに大変お世話になりまし​た。

we are GuahanのFBフォーラムでも多くのチャモロ人から​色んな意見や「いいね」をいただきました。にーふぁいゆ​ー!
スポンサーサイト

<< 琉球人に対する攻撃 | ホーム | 今日からグアムに行きます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP