FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島のゆいまーるの集い 1

15日から17日まで伊江島において「ゆいまーるの集い」が開催されました。
多くの人との出会いがあり、多くのことを学ぶことができました。

わびあいの里の謝花悦子さんをはじめとする、里の方々には大変おせわになりました。
心より感謝のことばを申し上げます。

今日より、第三回ゆいまーるの集いのご紹介をしたいと思います。



IMG_2411.jpg
ヌチドゥタカラの家(反戦平和資料館)です。阿波根昌鴻さんが集められた伊江島において反戦を訴える資料が展示されています。一つ一つのモノが激しく訴えてきます。阿波根さんのことばは、すべての人が理解しやすく、心に響くものです。それは生活、体験に踏まえた言葉だからではないでしょうか。

IMG_2412.jpg
米軍と交渉する際に住民がとるべき態度について書かれた言葉です。非暴力に徹しています。

IMG_2413.jpg
沖縄人同士はいかなることがあってもケンカしてはならない。相手の挑発にのらない。それは、日米政府が挑発して、沖縄人を分断して支配している現状をみると、この言葉は今の沖縄人にとっても有効であるといえます。

IMG_2421.jpg
戦後、101歳で亡くなるまで、阿波根さんは武器を必要とし、戦争を作り出す人々と対してきたのです。


IMG_2433.jpg
伊江島土地を守る会の旗は、50年以上の歳月がたち色が変わってしまいましたが、住民の土地を守る強い意志が感じられます。住民にとって土地は生活の場所だけではなく、自ら、先祖、子孫の生存、精神、魂、生き方を保障してくれる空間であると思います。それが米軍によって強制的に奪われたのです。「太平洋戦争」が終わっても、伊江島は現在でも戦時体制が続いているといえます。

スポンサーサイト



<< 伊江島ゆいまーる会議 2 | ホーム | 今日からハワイ、伊江島へ行ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP