FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本政府は琉球人を日本国民と思っていない

8月8日の琉球朝日放送の番組です。

現行のCH-46がオスプレイになると、夜10時から朝7時までの運用回数が76回から280回と4倍近くになると想定されています。オスプレイのエンジンテストはCH-46に比べ、その騒音が20デシベル以上増加するケースがあります。4倍にもうるさく感じられるものです。またオスプレイが宜野湾市だけでなく、那覇市や浦添市の市街地上空を飛び回ります。

8月13日のヘリ墜落抗議集会が沖国大でありましたが、その時にも米軍ヘリはいやがらせをするかのように、うるさく、学生や教員の声をかき消そうとしました。私の家がある小禄でも、近年、自衛隊のヘリや戦闘機の爆音がひどくなっているように感じます。オスプレイが来たら、琉球中に爆音をまきちらし、大きな精神的、身体的ストレスを琉球人に与えることになるでしょう。
そのような代物をなぜ、日本国民である琉球人が住む島に日本政府は配備しようとしているのでしょうか。
日本政府は琉球人を日本国民と思っていないからです。これは沖縄戦でも証明済みです。
本気で日本国民と考えているなら、日本政府が先頭に立ってオスプレイ配備を阻止すべきです。




環境レビューには、住民の負担増につながるある事実が載っていないことが明らかとなりました。

午後9時。住宅街を飛ぶのはオスプレイが代替するCH-46。


金城朝教さん「長い棒があったら、これでばちっといきそうなくらい低空飛行というか。やって来るんです。10時ごろ、9時ごろ寝ますが、まだ飛んでいるなという、いつも常々やかましいうるさい印象」

普天間基地集周辺は昼夜を問わず、激しい騒音にさらされているのです。

第2次普天間爆音訴訟では、住民3000人以上が国を相手に早朝・深夜の飛行差し止めなどを訴えています。しかし、オスプレイは、住民たちの思いとは全く逆の形で運用されることが明らかとなりました。


環境レビューでは、現行のCH-46がオスプレイになると、夜10時から朝7時までの運用回数が76回から280回と4倍近くになると想定されているのです。

一方、騒音については、ホバリングでの着陸時にCH-46より若干大きいとしているものの詳細なデータを示していないほか、第1次爆音訴訟の控訴審判決で認定されたヘリコプター特有の低周波音による影響についても明確な見解を出していません。

うるさいのは、飛んでいる時だけではありません。


去年6月、県と宜野湾市が防衛省に求めていた質問に対する回答書。この中でオスプレイのエンジンテストはCH-46に比べ、その騒音が20デシベル以上増加するケースがあることが明らかに。これは人の聴覚にとって、実に4倍にもうるさく感じられるものといわれています。

しかし環境レビューでは、こうした点については触れられておらず、住民の負担増につながる事実を隠そうとする意図も垣間見えるのです。


砂川正夫さん「今以上にもう騒音ってうるさいと思う、ましてやオスプレイの騒音は。まだ実際に聞いたことはないけれども、大変だろうなということは感じ取ることができます。説明されない中で、やはり配備押し付けといった感じ」

さらに環境レビューでは、こうした影響が広範囲に渡る可能性が明らかになっています。付属の文書に示されたオスプレイの9つの飛行ルート。そのひとつでは、オスプレイが宜野湾市だけでなく、那覇市や浦添市の市街地上空を飛び回ることが記されているのです。

環境レビューで、明らかになる事実と触れられない事実。そこには都合の悪い事は隠し、配備を進めようとするアメリカ軍の思惑も見て取れるのです。

環境レビューではCH-46がオスプレイに替わることで、航空機の普天間基地全体での年間運用回数がおよそ11%減少するということがたびたび強調されています。

しかし、住民の負担増につながる重要なデータが載っていないということであれば、その信頼性に疑問符をつけざるをえません。
スポンサーサイト

<< 「オキナワ」と「フクシマ」から考える-振興・開発至上主義から​の「自立と自治」 | ホーム | オスプレイで沖縄島北部が大変なことになる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP