FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間基地返還が実現しないのは日本政府が原因

8月10日の琉球朝日放送の番組です。

江田憲司議員は「あの当時(大田さんではなく)その後に続いた知事さんの一人でも知事であったら、もう普天間は帰ってます、断言します」といっています。普天間基地が返還されない原因を琉球人の責任にしている、とんでもない発言であると思います。日本政府が約束を破り、返還しなかったのであり、責任は日本側にあるのです。






沖縄国際大学のヘリ墜落事故から、8月13日で丸8年を迎えます。QABではその8月13日、来週月曜日に報道特別番組をお送りします。16年前の普天間基地返還合意が実現していれば、事故は起きなかったかもしれません。

仲宗根仁史さん「頭の上から大きな建設機械で建物を削るような解体するような非常に大きな音がしておりまして。それで異変に気づいた」

目の前で、見慣れたはずの建物が見慣れないヘリコプターとともに炎に包まれていた。

仲宗根仁史さんイ「ヘルプミーという叫び声が聞こえまして。それで何かがあると、航空機がここに落ちて燃えているという状況がやっとその時にわかったということです。まさに非日常で、その時にはもう火が上がっておりまして」


1996年4月12日。事故から遡ること8年。1996年4月12日、衝撃的なニュースが、日本を駆け巡った。


橋本龍太郎総理(当時)「普天間飛行場は今後5年ないし7年以内に、これから申し上げるような措置が取られたのちに全面返還されることになります」

江田憲司衆議院議員。当時、総理補佐官として普天間返還交渉を間近で見ていた人物の一人だ。

江田憲司議員「もうとにかく、政権発足当初から、橋本さんの頭の中は沖縄でいっぱいなんですよ。私が、総理、沖縄以外のことも考えてくださいよと言うくらいに」

橋本の意を受け、普天間返還に向けて、水面下で動いた人物もいた。


大田昌秀元知事「私と二人だけで会いたいということになったわけです。今で明らかにするわけなんですが、実はナハテラスというホテルの一室を琉銀が確保していて、それを提供してもらってね、そこで2人で話し合いをしたわけなんですね」

しかし、普天間は動かなかった…。


江田憲司議員「あの当時(大田さんではなく)その後に続いた知事さんの一人でも知事であったら、もう普天間は帰ってます、断言します」

大田元知事「だからあの時に、沖縄の知事が、僕の後続の知事が、沖縄の事情をきちっと押さえて、基地の移設を一切認めなければね、僕は問題は解決していたとみているわけですよ」


一方の当事者、アメリカでは…。

クレモンス「辺野古移設案などというのはは机上の空論です。現実の政治の中では、そんな選択肢はありません」

オハンロン「騒音問題は、沖縄県民による不公平な要求ですよ」


そして今、オスプレイ配備は目前に迫っている…。

16年前、返還することで合意に達した普天間基地は、なぜ動かなかったのでしょうか。そしてこの問題がアメリカで今どう受け取られているのか、現地取材も交えてお送りします。
スポンサーサイト

<< 「ルーズベルトの責任と「日​本の責任」 | ホーム | 「オキナワ」と「フクシマ」から考える-振興・開発至上主義から​の「自立と自治」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP