FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東北自治政府の樹立を望む

下記の本に「東北自治政府の樹立を望む」という拙論が掲載されて​いますので、ご関心がありましたら、お読みください。
これまで5回ほど、石巻、雄勝、南三陸等に被災地ボランティア関​連の活動で行ってきました。来月も学生と石巻、雄勝でボランティ​ア活動をさせていただく予定です。被災地から今の日本と、これか​らの日本を考えてみたいです。




3・11と私ー東日本大震災で考えたこと

東日本大震災から一年。
圧倒的な現実を突きつけたまま過ぎてゆく時間のなかで、私たちは何を受け止めることができたのか。発するべきことば自体を失う状況に直面した一年を経て、それでも紡ぎ出された106人のことばから考える。


石牟礼道子 小沢信男 辻井 喬 森崎和江 渡辺京二 吉川勇一
高 銀(韓成禮訳) 堀田 力 星寛治 青木新門 鎌田 慧 黒田杏子
中野利子 中嶋鬼谷 西舘好子 窪島誠一郎 鶴田 静 加藤登紀子 大石芳野
松岡正剛 鄭喜成(牧瀨暁子訳) 木下 晋 津島佑子 笠井賢一 高良 勉
伊勢﨑賢治 熊谷達也 町田 康 結城幸司 河瀨直美

中馬清福 小倉和夫 原 剛 青山やすし 橋本五郎 川勝平太 高成田 享
片山善博 増田寛也 武田 徹 三神万里子 稲泉 連 小林 登 中山 茂
中川志郎 早川和男 中村桂子 村上陽一郎 秋山豊寛 野村大成 山田國廣
鈴木博之 松井孝典 鈴木文樹 陣内秀信 宇根 豊 岩崎 敬 大川弥生
三砂ちづる 西澤泰彦 橋爪紳也 堀口敏宏

大田 堯 角山 榮 上田正昭 立川昭二 一海知義 子安宣邦 田中克彦
西川長夫 服部英二 安丸良夫 猪口孝 頼富本宏 鈴木一策 鬼頭 宏
富山太佳夫 島薗 進 西垣 通 塚原 史 田中優子 赤坂憲雄 新保祐司
金森 修 今福龍太 稲賀繁美 小倉紀蔵 宇野重規

武者小路公秀 西川 潤 中村尚司 渡辺利夫 倉田稔 チャオ埴原三鈴
室田 武 勝俣 誠 原田 泰 水野和夫 山下一仁 王 柯 朴 一 松原隆一郎
三浦 展 岩下明裕 松島泰勝 加藤 出
スポンサーサイト



<< 利賀村での2日間 | ホーム | 2010年に毎日新聞に掲載された記事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP