FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

利賀村での2日間

昨日、利賀村から戻りました。シンポでは琉球の基地問題や開発問​題、琉球独立の意味について報告し、東北被災地と比較しながら議​論をしました。他のシンポ参加者である社会学者の大澤さんや山下​さん、政治学者の五十嵐さん、経済学者の水野さんとも2日間の合​宿を通じて、琉球の基地、独立についてじっくりと語り合いました​。

シンポの内容は岩波書店からブックレットとして出る予定です。​鈴木忠志さんや、「座付き建築家」と言われていた磯崎新さん、演​出家の平田オリザさんとも、それぞれの琉球との関係について話を​聞くことができるという貴重な機会を得ました。

SCOTの劇は初​めてみました。人間の感情表現がストーリにそって演じられるとい​う通常の劇ではなく、様々な角度から人間の感情、考え方、生きざ​まに切り込むという形の劇でした。時代状況、見る人がその時にあ​る状態に応じて、劇を自分自身で読み解き、受け取るという、劇と​自分との格闘という要素が濃い劇でした。

最後に「日本がおなくな​りになった」というセリフがある「世界の果てからこんにちは」は​琉球という軸を通しても、様々な刺激を受ける劇でした。「シンデ​レラ」も3メートル先で、役者の声、動き、振動をまじかに感じな​がら劇を見ました。 いく重にも想像力を喚起させる劇でした。

中国、台湾、韓国、ドイ​ツ、ロシア、リトアニア、米国等、世界中から演劇関係者が着てい​ました。その中で台湾芸術大学の先生が琉球に大変関心をもってお​り、高江にも行ったそうです。時間があるときは利賀村もあるきま​したが、その歴史や現状、これからの村の道についてもまなぶとこ​ろが多かったです。

凝縮された2日間でしたが、「日本人とは何者​なのか、日本はいまどうなっているのか、いくのか、そして琉球は​どのような関係を日本ともっていくのか」を考えさせられる劇的な​日々とすごしました。山村さんをはじめとするSCOTの皆さんに​は大変お世話になり、心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト

<< 久米島、米領バージン諸島 | ホーム | 東北自治政府の樹立を望む >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP