FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

久米島、米領バージン諸島

一昨日、久米島から沖縄島に戻りました。久米島では、喜久里さんが​2日間にわたり車でいろいろな方々にあわせ、様々な場所に連れて​行ってもらいました。

心よりお礼申し上げます。博物館、教育委員​会、図書館、上江洲家住宅、五枝の松、コミュニティFM,町役場​、公民館、紬工房、あじまー館、マグネシウム電池工場等に行き、​ラジオ局のDJ,町長、上江洲先生をはじめ話を伺い、交流会でも​でも島の方々からと島言葉を交えて話す機会がありました。特に関​心をもったのが、硫黄鳥島から久米島に移住した人々の生活史です​。

鳥島地区を歩き、パラオに移住した人のことを考えながら、久米​島に属している硫黄鳥島について博物館で資料を読みました。康子​さんのお母さんとも話をしました。11月9,10日に行う、ゆい​まーるの集いでは久米島の歴史や文化、生活について深く学ぶこと​ができると思います。



昨日は、カフェくろとんで、来月に来琉するグアムのエドさん、米​領バージン諸島のコービンさんを招いての研究会について、親川さ​ん、照屋さん、そして友知さんと話し合いました。

10月18日、​午後6時半より、くろとんの上にある会議室にて、米領バージン諸​島、グアムと琉球を比較してそれぞれの脱植民地化を進める活動、​国連や国際法を活用して琉球の脱植民地化を実現する方法等、より​具体的で、突っ込んだ議論をしたいと考えています。

私も来琉して​議論に加わります。コービンさんは初めての琉球ですので、その現​実を見ていただき、琉球が国連で活動するときに、同じ植民地の島​の人間として支援してもらいたいと考えています。コービンさんは​、植民地の島を脱植民地化するための活動を長年されてきた方です​。

琉球人も米領バージン諸島の人と会い、話をする絶好の機会だと​思います。


昨日の会合では、琉球独立総合研究学会についても議論​しました。琉球独立を前提にして研究する学際的な学会です。琉球​人しか学会のメンバーになれません。皆でさらに話し合って学会の​方向性、中味を決めていけたらと思います。

<< 琉球は人種差別撤廃条約の対象地域である | ホーム | 利賀村での2日間 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 琉球独立

岡田様へ


琉球に対する真摯なお言葉をお伝え下さり、感謝いたします。琉球人と日本人が互いの関係性、歴史をどのように考えるのか、語り合うのかが、今ほど求められているときはないと考えます。それは、琉球支配を主張する中国人とも、同じ人間として誠意をもって話し合い、議論したいと私は考えています。今後とも、琉球についてどんどん発言してくださいますよう、お願いしたします。


松島泰勝


> 毎日新聞「そこが聞きたい」9月24日記事によせて。
> 15年前、初めて沖縄へ行ったとき、もっともショックを受けたのは、ひめゆりの塔等々ではなく、琉球処分という言葉であった。
> 中学・高校の歴史の授業の中で、この言葉の記憶がない。
> 私が、不勉強であったのか。近現代史は大学入試に出る確率が少ないから、省かれたのか。
> 中学の先生は、明治に入ると教え方が混乱していたと、今ふり返ってみて思う。近代現代史をどう扱うか、先生自身にも、答えが出せない時だったのか。(私は今68歳)
> ともあれ、琉球処分という言葉で、私の沖縄観は変わった。
> 本土人の負い目というか。
> 自分が沖縄人(琉球人)であったなら、と考えると、当然独立という選択が出てくる。
> 尖閣にからめて、中国に、琉球処分を持ち出されたら、どう対応すべきか、私にはわからない。
>
>  昭和20年7月28日に、私の父は戦死した、いやさせられた。自分は日本人なのであろうが、「・・・身捨つるほどのそこくはありや」という思いから抜け切れないままに、70才を迎えようとしている。
> どうあがいても、日本人である自分を捨てることはできない。
> だが、弱いものに徹底して冷たいこの国に対して、黙ったままでは死なないぞ、との決意だけはある。
> 琉球独立の声を上げることを、(中韓米露との複雑な環境の中で、心乱れている時期ではあるが)、当然と私は受け止めております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP