FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島ゆいまーる会議 2

IMG_2442.jpg
阿波根さんの平和運動で注目すべきことは、農業を軸においた生活と平和との関係を常に実践しておられたことです。

現在でも有機農業がおこなわれ、わびあいの里での食堂で出される食べ物もこの畑でつくられたものです。


IMG_2443.jpg
多くの種類の作物が栽培されていました。里の関係者だけでなく、合宿でこられる学生等によっても耕作されているようです。

戦前から農業塾設立の考えをもち、米軍によって強制的に農業用の土地が奪われても、あきらめずに自らの生き方を実行していた阿波根さんの意志の強さを伺うことができます。

IMG_2447.jpg
鶏も飼っています。里で栽培され、里の方々の手作りの朝昼晩の食事を美味しく頂戴しました。

人間が生きるための農業であり、販売を目的化して大量生産、農薬漬けの農業とは対極にある農であると思います。里の近くには福祉施設もあり、阿波根さんは農業、福祉、平和を一体のものとして考えていたことがわかります。

IMG_2481.jpg
伊江島タッチューから見た農地。島は葉タバコ、電照キク、キビ等の栽培がおこなわれています。

村固有の財源だけでなく、基地関連予算からもため池等が建設されてきました。他の離島でも、土地基盤整備が進んでおり、上から見ると同じような光景をみることができます。

IMG_2484.jpg


タッチュウからみる、伊江島と、本部半島。本部港から船で30分です。1月に来た時もほぼ満席でした。修学旅行生による民泊事業もあり、航路は黒字だそうです。

タッチュウにのぼると、島のほぼすべてを見渡すことができます。伊江島の人々は沖縄島をどのような思いでみてきたのだろうかと考えました。



スポンサーサイト



<< 伊江島ゆいまーる会議3 | ホーム | 伊江島のゆいまーるの集い 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP