FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球文化は消滅する運命にあるのか

9月5日の琉球朝日放送の番組です。

琉球朝日放送のこのニュースは、私が琉球にいたとき家のテレビで​見ました。このニュースの最後に日本人アナウンサーが、「このよ​うな古謡も消えていく運命にある」というコメントを述べました。​

琉球に移住して、影響力のある仕事をしている日本人がどうして、​琉球の文化についてこのような断定を下すことができるのかと、大​きな違和感を感じました。

セトラーが琉球文化についてどのような​まなざしをもっているのかが、分かりました。隣にいた琉球人男性​は黙って聞いていましたが、私はテレビの前で、この発言に怒りま​した。




宮古島の神歌を歌う女性の世界を描いたドキュメンタリー映画がスイスのロカルノ国際映画祭で批評家週間賞などを受賞しました。その全国公開を前に、5日に那覇市内で試写会が行われました。

生きることと神への願いと唄うことは同じこと。この映画に登場する宮古島の「古謡」は、聞き慣れた沖縄民謡とは違う肌触りの御嶽の周辺でのみ歌い継がれてきた歌です。

監督は「歌が産まれる原点を探る」という大きなテーマを持って撮影に臨んだそうです。

大西監督は「直接的に神さまに繋がっている感覚は沖縄も強いと思うけど、宮古は特に強い。それが顕著。宮古ってなんだと聞かれたら『ウタキだ』としかぼくは答えられないんですけど。人間が根源的に持っていたもの、人間が長居歴にのなかで灯し続けてきたもの。それにもう一度、この島で立ち会えた。それは大きな事」と話します。

滞在しながら1年かけて撮影した歌の数々は、村のつながりや信仰が薄れると共に消えていく運命。しかし、そこには海外の観客をも捕えて放さない深い郷愁と生命力がありました。

「スケッチ・オブ・ミャーク」の公開は10月からです。
スポンサーサイト

<< 琉球人にとって日本国の国家としての存在理由とは何か | ホーム | オスプレイとヤンバル >>


コメント

私には琉球文化圏ならば、すべての場所が聖地と捉らえられる!

俗評で、「沖縄のどこどこは特に霊験が高い」などと評価したりしていますが、現代を生きる私達琉球人も含めて、現代人達の感性が文明に蝕まれ鈍感になってしまっていると、私は思いますね。

私には、縁あって同じ文化圏を共有している人々の生活している場所ならば、すべからく聖地です。

私の生まれ育った那覇市(牧志)は、一見、ありふれた都会ですが、強烈な個性はあります。

どこどこは、特に凄いなどと、よそ者的評価がまかり通れば、凄くない場所ならば、軍事基地や施設を建設してもいっこうに構わないという常識を植え付ける結果に繋がりませんか?


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

松島さんへ

これは私の持論なのですが、救い難ければ救い難い程、祈り神仏の存在性は、より明瞭でより強力になる。
しごく当然の成り行きですよね。
勿論、私達琉球人も例外ではないと思います。

そして、どの神様が偉いとか、位が高いとか、本物だとか、どのアプローチが優れているとか、人類から宗教戦争、派閥対立がなくならないのは、理由はそれです。

だか、その存在性が普遍的に動かし難く、強固になればなる程、その影響下にあるハズの当事者達人間は、不器用な過ちだらけの、誠に人間臭くも愚かし存在になってしまったりしている。

だか、その愚かしい過ちだらけの人間性の向こう側にだけ、まるで朝日が昇る様な輝かしい神聖が存在していると私は感じているのです。

なんでもかんでも、規則だらけの平安な事ばかりでは、文化創造の渇望は生じません。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP