FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人にとって日本国の国家としての存在理由とは何か

昨日行われた、オスプレイ配備に反対する抗議集会に、主催者発表で10万1000人が集まった。「復帰」後に開かれた米軍関係の大会としては過去最大規模である。

琉球はオスプレイにノーと答えた。次に日本政府が琉球の怒りの声に答える番である。これ以降の日本政府による琉球に対するオスプレイ配備のための「説得、説明」は、国家意思による強制でしかない。国民の生命や安全を守るのが国家の本義であり、琉球人にとって日本国の国家としての存在理由が大きく問われてくる。

「県民大会」の決議文です。



我々は、本日、日米両政府による垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ強行配備に対し、怒りを込めて抗議し、その撤回を求めるためにここに集まった。

 沖縄県民は、米軍基地の存在ゆえに幾多の基地被害をこうむり、1972年の復帰後だけでも、米軍人等の刑法犯罪件数が6,000件近くに上るなど、米軍による事件・事故、騒音被害も後を絶たない状況である。

 1995年9月に、米海兵隊員3人による少女暴行事件が起こり、同年10月には事件に抗議する県民総決起大会が行われ、8万5千人もの県民が参加し、米軍に対する怒りと抗議の声を上げた。県民の強い抗議の声に押され、日米両政府は、1996年の日米特別行動委員会(SACO)により米軍普天間基地の全面返還の合意を行った。

 しかし、合意から16年たった今日なお、米軍普天間基地は市街地の真ん中に居座り続け、県民の生命・財産を脅かしている。

 そのような中、日米両政府は、この危険な米軍普天間基地に「構造的欠陥機」であるオスプレイを配備すると通告し、既に山口県岩国基地に陸揚げがなされている。さらに、オスプレイは米軍普天間基地のみでなく、嘉手納基地や北部訓練場など、沖縄全域で訓練と運用を実施することが明らかとなっており、騒音や墜落などの危険により、県民の不安と怒りはかつてないほど高まっている。

 オスプレイは開発段階から事故をくり返し、多数に上る死者を出し、今年に入ってからもモロッコやフロリダ州で墜落事故を起こしている構造的欠陥機であることは、専門家も指摘しているところであり、安全性が確認できないオスプレイ配備は、到底容認できるものではない。

 沖縄県民はこれ以上の基地負担を断固として拒否する。そして県民の声を政府が無視するのであれば、我々は、基地反対の県民の総意をまとめ上げていくことを表明するものである。

 日米両政府は、我々県民のオスプレイ配備反対の不退転の決意を真摯に受け止め、オスプレイ配備計画を直ちに撤回し、同時に米軍普天間基地を閉鎖・撤去するよう強く要求する。

 以上、決議する。

2012年9月9日

オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会



We are gathered here today to protest with indignation against the forceful deployment of the vertical take-off and landing transport aircraft, the MV-22 Osprey, and to call for the withdrawal of its deployment plans.

 Due to the presence of the US forces’ bases, the citizens of Okinawa prefecture have been imposed with a multitude of damages related to military facilities. Looking just at the years since the reversion of Okinawa to Japan in 1972, the number of criminal cases involving US military personnel and/or other related persons has reached close to 6,000. At present, incidents, accidents, and noise damage related to the US forces still continue.

 With the abduction and rape of a local schoolgirl by three US servicemen in September of 1995, The Okinawan People’s Rally was held in October of the same year where 85,000 citizens gathered to voice their anger and protest against the US forces. In response to the strong protest by the people, the Special Action Committee on Okinawa (SACO) was established, and both governments of Japan and the United States agreed to the full return of MCAS Futenma.

 However, it has been 16 years since the agreement was concluded and MCAS Futenma still remains in the middle of a densely populated urban area and continues to threaten the lives and assets of the Okinawan people.

 Against this background, the United States government gave notice that the “structurally defective” Osprey aircraft is going to be deployed to the dangerous facility of MCAS Futenma, and these aircraft have already been unloaded at MCAS Iwakuni in Yamaguchi Prefecture. Furthermore, it has become apparent that the Osprey would be in operation not just at MCAS Futenma, but also in training at Kadena Air Force Base and at the Northern Training Area. With the risks of crashes, accidents, and noise issues resulting from the training and operation of the Osprey which spans throughout all of Okinawa, the concern, anxiety and indignation of the citizens have risen to unprecedented levels.

 The Osprey has had repeated accidents since its development stages and has caused a large number of fatalities. We have even seen this year, the crashes in Morocco and in the State of Florida. Experts are citing its structural deficiencies and thus, we cannot accept the Osprey deployment without sound confirmation of its safety.

 The citizens of Okinawa adamantly oppose further burdens imposed by the military bases. Moreover, if the national government ignores the calls of the people of the prefecture, we declare that we will work to unite the general consensus of the prefecture’s citizens opposing the bases.

 We strongly urge both governments of Japan and the United States to take seriously and sincerely the indomitable resolve of the citizens against the Osprey deployment and to immediately withdraw the deployment plans, and to close and remove MCAS Futenma.

The above is resolved as stated on this 9th day of September, 2012.

The Okinawa Prefectural Citizens’ Rally Against Osprey Deployment

スポンサーサイト

<< 鳥島の劣化ウラン弾問題 | ホーム | 琉球文化は消滅する運命にあるのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP