FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

鳥島の劣化ウラン弾問題

2000年4月25日の琉球新報の記事です。

先日、久米島に行ったとき、久米島から鳥島を見ました。住民によると、夜、米軍機が射爆訓練をしており、島が明るく光るそうです。

米政府に盲従する日本政府の調査結果はあてになりません。放射能測定も行わなっていません。
劣化ウラン弾1520発のうち、247発しか回収されていません。残りはいまだに放射能を発していると考えられます。
誤射で劣化ウラン弾を1520発も島に打ち込んだそうです。本当に間違いなのか。もし誤射ならに日米両政府はどのような責任をとったのか。放射能で島や海が汚染されたにもかからわらず、日米両政府は責任もとらず、新たな基地をつくり、オスプレイを配備しようとしています。



1995年12月から96年1月にかけて、在沖米軍が鳥島射爆撃場で劣化ウラン弾1520発を誤発射した問題で、科学技術庁や外務省は24日、県に対し、昨年5月の三度目の環境影響調査を踏まえ、「鳥島周辺や久米島への劣化ウランの影響は認められず、久米島住民の健康への影響はない」と報告した。

また、本年度調査から、「米軍演習場で危険であり、環境への影響はみられない」として、鳥島での放射能測定を打ち切り、生物調査のみを実施すると通告。県側は「土壌に埋没したウラン弾もある」などと反発し、これまで通りの実施を求めた。また、県は久米島住民の健康診断の実施をあらためて要望した。

これまでの調査では、鳥島と南方約20キロにある久米島で、空間と水中の放射線量率、土壌や海水、魚介類に含まれるウラン濃度を調査してきた。今回調査でも異常値は出ず、科技庁のデータ評価検討会は環境に影響なしとの報告を了承した。回収された劣化ウラン弾数は243発だったが、米軍集計の変更で247発に訂正した。

県庁を訪れた明野吉成・同庁原子力安全局防災環境対策室長は「すべてのウラン弾が(さく裂し)微粒子化したと想定しても、環境への影響は無視できるレベルだ」と説明。親川盛一知事公室長は「ウラン弾はすべて回収されたわけではない。久米島の住民には不安も残っており、健康診断を実施してほしい」などと要望したが、同室長は否定的見解を示した。



2003年5月28日の琉球新報の記事です。

久米島町長も、射爆訓練の即時中止と、全面返還を求めています。
日本政府は住民の健康診断も拒否しています。



在沖米軍が1995年12月から96年1月にかけて鳥島射爆撃場に劣化ウラン弾を大量に誤射した問題で、文部科学省は27日午後、久米島町役場で住民らに5年間の環境調査結果を説明した。同省担当者が「劣化ウランの影響はない」と結論を示したのに対し、高里久三町長は一定の理解を示しつつ「住民の不安は解消されていない」とし、残る1200発余の劣化ウラン弾回収や全住民への健康診断実施などを要請した。また、同射爆撃場での実弾演習の中止と、射爆撃場の全面返還を求める立場を重ねて強調した。

説明会には文科省の名雪哲夫原子力安全課防災環境対策室長ら専門家7人と、高里町長ら三役、町職員、町議、区長、婦人会など各団体の代表ら約70人が参加した。

名雪室長らは、97年から5年間で調査した鳥島の土壌、久米島と同周辺の空間放射線量率、土壌、大気、海水、海産生物のウラン分析結果を説明し、「久米島の環境や一般公衆の健康への劣化ウランの影響はない」と結論付けた。

その上で同問題による環境調査を打ち切り、今後は全国の環境放射能水準調査の一環で久米島での調査を継続する方針を示し、米軍による劣化ウラン弾の回収作業も継続されると報告した。

高里町長は「劣化ウラン弾について一定の理解はしたが、住民への不安が十分解消されたわけではない」として、健康診断を要求。さらに「鳥島は実弾射撃で島の形がどんどん変わってしまい、不発弾でいっぱいだ。劣化ウランの問題だけでなく、これ以上の実弾射撃は認められない」とし、鳥島射爆撃場での実弾演習中止と全面返還を求める町の立場を関係省庁に伝えるよう要請した。

説明会終了後、名雪室長は「環境影響評価と調査結果で何の問題もないことが分かっており、住民健診は必要ないとの立場だ。射爆撃場の返還要求などについては外務省に伝えたい」と話した。

◇劣化ウラン弾誤射事件
訓練中の米海兵隊のAV8Bハリアー戦闘攻撃機が95年12月から96年1月までの3回、鳥島射爆撃場に1520発の劣化ウラン弾を誤って発射した。現在までに247発しか回収されず、8割以上が同島に残されたままとなっている。
スポンサーサイト

<< 今日から日曜日まで石巻に行ってきます | ホーム | 琉球人にとって日本国の国家としての存在理由とは何か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP