FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日から日曜日まで石巻に行ってきます

今日から日曜日まで石巻市に学生たちと行ってきます。被災地の方​々と話し合い、人が地域に生きることの意味を学生とともに考え、​支援活動に微力を注ぎたいと思います。





龍谷大学発 復興支援ボランティアバス出発  9月13日(木)朝 石巻市雄勝の地場産業復興支援と防災教育をおこないます
印刷する 2012年9月11日

東日本大震災以降、国・地方公共団体を始めとする公的機関やNPO団体、個人ボランティア等が復興支援活動に取り組み、本学も種々の復興支援活動を行ってきました。しかしながら、被災地のインフラ整備や被災者の経済的自立支援は未だ行き届いていない状況です。

龍谷大学では、昨年度、5回に渡って大学主催の復興支援ボランティアバスの運行をおこない、延べ150名の学生が参加し、石巻市と南三陸町の瓦礫撤去や側溝掃除を中心に活動をしてきました。2年目となる本年は、大学として継続して2回の復興支援ボランティアバスの運行を予定しています。

今年度初となる龍谷大学発復興支援ボランティアバスは、9月13日に出発し、石巻市雄勝において、地場産業復興のためのボランティア活動に参画するとともに、現地で、防災教育のお話を聞いたり、仮設住宅に住む方々との交流をする予定です。

なお、今回の活動内容は、9月28日(金)に本学深草キャンパスにおいて活動報告会を行います。

1.参加人数   33名(学生・教職員)
2.活動地     宮城県石巻市雄勝

3.活動予定
     9月13日(木)   8:00  龍谷大学 深草キャンパス 出発
               8:15  JR京都駅 出発
               21:00  宿 到着

     9月14日(金)   9:00  石巻市社会福祉協議会において、 防災教育に関する講演
               11:30  石巻専修大学 山崎ゼミ(※)と防災教育に関する意見交換
               15:00~17:00
                    雄勝硯生産販売共同組合等を通じた地場産業復興のための
                    ボランティア活動  (硯石の移動や硯石を磨く作業など)

     9月15日(土)   9:00~16:00  ボランティア活動 (前日と同様)
               16:30 仮設住宅に住む方々(約30名)とバーベキュー交流会

     9月16日(日)   朝  京都駅着


※石巻専修大学生は、地域の仮設住宅で、復興支援活動に取り組んでいます。

山崎ゼミの活動について
http://www.isenshu-u.ac.jp/fukkou/correspondence/ba/yamazaki.html

4.活動報告会
     日 時:  9月28日(金)17:30~19:00
     場 所:  龍谷大学 深草キャンパス 21号館101教室
スポンサーサイト

<< 石巻,雄勝から戻りました | ホーム | 鳥島の劣化ウラン弾問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP