FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球イオンの植民地主義

8月31日の沖縄タイムスの記事です。

市場競争の激化で、コストカット、合理化を理由に琉球の中小業者が切り捨てられています。琉球イオンという名称で、琉球の人々や企業を顧客として引き付けながら、経済合理性を理由にあっさりと琉球企業を切り捨てるという、経済的植民地主義であると思います。

日本の大型チェーン店は利益の大半を本社がある日本に還流させ、日本で税金を納めています。

琉球イオン小禄店の近くに私の家がありますが、これからはサンエー、かねひで小禄店等、琉球の会社から買い物をしたいと思います。




イオン琉球(南風原町、末吉康敏社長)が、イオングループ全体で進めている物流コストの見直しの一環で、県内主要卸業者からの仕入れをことし2月で中止したことが30日分かった。県外大手卸業者に取引を集約して仕入れ値を抑え、売価を安くする狙いがある。

県内卸業関係者によると、取引中止による影響額は総額20億~30億円に上るとみられ、廃業した業者も出ている。流通業界に詳しい専門家は「小売り側の管理コストの削減は全国的な流れ。問屋が生き残るには独自性が必要」と指摘している。

 大手卸業者に仕入れを集中させる動きは全国の流通業界で加速。価格競争にしのぎを削る小売各社は、いかに仕入れ値を抑え、売価を下げるかに注力している。

 イオングループは仕入れ力のある大手卸業者に取引を集約して単価を抑えつつ、低価格のプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の品数を増やしている。メーカーとの直接取引や中間卸・流通業者を排した流通形態の再構築で、ライバル店との価格競争で優位に立つ狙いだ。

 イオン琉球の末吉社長は、沖縄タイムスの取材に対し「消費者に商品を安く提供し続けるためには取引先を集約せざるを得ない」と説明した。

 取引中止に伴い、県外メーカーの食品や菓子、米などは県外大手卸に集約、県産品の仕入れも県内卸業者内で整理・統合しつつあり、各社の経営基盤に少なからず影響が出始めている。

 県内卸業者A社にイオン琉球の担当者から通知があったのは、ことし1月中旬。イオン琉球の決算日の2月20日で取引を中止するとの説明だったという。A社は年間売上高の8%にあたる取引を失った。担当者は「あまりにも突然の通告。カード会員の入会やかりゆしウエアの購入など全社員で協力してきたのに、切られるときはあっさりだった」と吐露した。

 B社は年間売上高の20%に影響が出た。イオン琉球の担当者からは、PBの販売に力を入れるためと説明を受けた。B社の担当者は「取引量に変更の動きがあるとは聞いていたが、1カ月前の通告は通常では考えられない。減った分をどう埋めるか見通しは立っていない」と話した。

 県内卸業者への影響について末吉社長は「大手卸業者が扱っていない、まだ沖縄で売られていないような新しい商品を納品してもらうなど、できる限り連携していきたい」と話した。

 流通業界の動向に詳しい新日本スーパーマーケット協会の籾山(もみやま)朋輝プランニングマネジャーは「中間流通業者の合従連衡はますます加速する。問屋は企業の規模にかかわらず、取り扱い商品の独自性や売り場の提案力など、通常業務にプラスアルファの強みが一層問われてくる」とみている。

スポンサーサイト

<< 琉球人長寿の秘訣 | ホーム | 「復帰」後30万件の米軍関係の犯罪が発生しています >>


コメント

ユイマール精神


私はあまりそのような小市民的な感じの話に首突っ込むタイプではないですが、琉球イオンは、ユイマール精神で地元企業育て上げ、地域や郷土に還元していくつもりはありませんね。

だったら「琉球」の呼称を使うな! と言いたいですね。

「大和イオン」に社名変更すべきですね。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: ユイマール精神

大和イオンの名前にすべきであるという意見を、沖国大の友知先生も同じように言っていました。私もそう思います。



> 私はあまりそのような小市民的な感じの話に首突っ込むタイプではないですが、琉球イオンは、ユイマール精神で地元企業育て上げ、地域や郷土に還元していくつもりはありませんね。
>
> だったら「琉球」の呼称を使うな! と言いたいですね。
>
> 「大和イオン」に社名変更すべきですね。
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

日本企業にとって沖繩の價值とは殖民地でしかない。
琉球人が日系企業を歡迎し呼び寄せる代わりに、
これまで雇傭を支えていた琉球人が、日本人にとって代わられるなど大したことではない。
琉球人にとって地元の企業をただ愛するのではなく、
發展させることが大事なのである。
琉球のゆいまーる精神とは生半端なものである。
琉球人に必要なのは常に競争力であり、生き残りを賭けられる力こそ、原動力となるのである。

私は同じ琉球人に対しても安易に「琉球」の呼称使うな! と言いたいですよ。

残念ながら、他社会、他民族に対して、へらへらと優越感ぶって「琉球」だとか、気位ばかりで実のないくせに、「王国」であったとか、日本の傘の下からぬけでもしないくせに、知識人、文化人ぶる沖縄の人もあまりにも多い。

私なんか、いつも、断崖絶壁に立っている気持ちで会う外国人にも、「琉球から世界に向けて縄文を!」 と呼びかけてますよ。

いつの日にか、形勢逆転してみせますよ。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP