FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人長寿の秘訣

9月18日の琉球朝日放送の番組です。

琉球の長寿の村の敬老会について紹介しています。私の母も那覇小禄の敬老会関連の活動、デイケアー支援活動、民生員活動等をしています。朝も4時から起きて、オチャドウ、ヒヌカンへの祈り、一日の食事の準備と忙しいです。ご老人がご老人を互いに支え合う活動が琉球ではさかんです。琉球のご老人は、ご老人と感じさせないマブイの強さがあり、後進を教え導くたくさんの知恵をもっています。




元気なお年寄りを紹介するおじいちゃん おばあちゃんの命薬です。敬老の日だったきのう、長寿日本一の村を宣言する大宜味村喜如嘉の敬老会にお邪魔しました。

この日は大宜味村喜如嘉地区の敬老会。なんと、喜如嘉には80歳以上のお年寄りが74人もいるんです。


会の幕開け三線の演奏には早速、87歳の福地善次さんが登場。三線は喜如嘉の先輩から代々習い、受け継いできました。

福地善次さん(87歳)「なんでも弾けるのが楽しみです。酒は飲むし、三線は弾くし、友達たくさんいます」


お年寄りを敬い長寿を祝うこの日。地区の成人会の人々も様々な手法で会を盛り上げます。

村に駐在するお巡りさんも登場。「(振り込め詐欺)被害に絶対あわないように。みなさんが被害に合うと署長に私が怒られるます。私のために被害に合わないようにしてくださいね」

福地さんが唄のカバーに入ってなんとか演奏を終えました。


村の宝、子ども達の歌では立ち上がって応援する人も。

前田正子さん(80歳)「ハハハ、なかなか人前で歌わないから、応援しているんだけど。かわいくてかわいくて、ハハハ」


子どもから大人まで地区のみんなで長寿を祝ったこの日、最後に健康の秘訣・命薬をうかがいました。

女性「好き嫌いなくなんでも食べる、そして時間通りに眠ること」

男性「早寝早起き。畑仕事は8時半から」

女性「朝は隣近所集まってコーヒータイム、8時ごろから10時まで。これが一番の楽しみです。健康の秘訣になります」女性

「やんばるに那覇から来て4年経つけど、風邪を1回もひいたことない。(敬老会)最高でした、また来年も長生きしてここに来れるように」

喜如嘉のみなさん、どうぞ来年も元気な笑顔を見せてくださいね。
スポンサーサイト



<< 批判質問状への回答 | ホーム | 琉球イオンの植民地主義 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP