FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島ゆいまーる会議3

IMG_2485.jpg
島では地下ダム工事が進められていました。川のない島ではため池の水をつかって農業等を行ってきました。飲み水は沖縄島からの海底送水で運んでいます。かつて島の人々はワジーという真水が湧き出すところにいき、水をいただいていたそうです。

琉球の島々、とくに平らな島においては水は重要であり、カーとして井戸が信仰の対象になった場所がすくなくありません。

IMG_2494.jpg
伊江島の米軍基地です。爆音をだすハリアー訓練、落下傘訓練などが行われています。

住民の土地をブルドザーで奪い、家屋を焼き払い、住民を「乞食」においやってつくられた基地です。
1月に島に来て、基地の写真をとったとき、ガードマンが大急ぎできて写真をとらないように注意をしました。

3年前にマーシャル諸島のマジュロ島にある米国大使館の写真をとっていたときにも、ガードマンが大きな声で注意しましたが、その時を思い出しました。米国は何者かに過剰に脅え、武装しているのです。

IMG_2507.jpg
基地の前にある団結道場です。道理をもって基地の返還を求めてきました。壁の文字の一つ一つに住民の怒りがあらわれています。

IMG_2508.jpg
団結道場で、住民は互いに励ましあい、外からの支援者を受け入れ、基地について考え、米軍と非暴力で話しあい、土地の一部を取り戻することができました。住民の生きた証であるともいえます。

また、現在の琉球にはまだ基地があり、新しい基地も建設されつつあり、戦争の犠牲者であるという現状には変わりがありません。琉球人が団結して、人間が生きるための土地を奪回しなければならないと思います。

IMG_2511.jpg
団結道場から基地がみえます。土地を奪われた住民は、自らの土地を外からしか見ることを許されなかった。

それが半世紀以上も琉球において続いているのである。日本人はこのような植民地状況が国内にあることに対して何の心も動かされないのであろうか。

国を守るとは何か。地域を守るとは何か。土地を守るとは何か。米軍基地によって日本を守ることを主張する人は、現実問題として、土地を米軍によって奪われた人が日本の中に今もいることに対して、どのように考えるのだろうか。




スポンサーサイト



<< 伊江島ゆいまーる会議4 | ホーム | 伊江島ゆいまーる会議 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP