FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さっそく日米合意の「安全策」破り

10月1日の琉球朝日放送の番組です。

日米合意では「できる限り人口密集地での飛行は避ける」と書いていますが、那覇市の新都心などで上空を飛ぶ姿が目撃され、那覇軍港では大綱挽きの準備をしていた翁長市長が、上空を通過するオスプレイを目撃したそうです。これからも約束破りを米軍はやっていくでしょう。

仲井真知事もオスプレイの県外配備を求めています。



現在、普天間基地に駐機しているオスプレイ6機。1日午前11時過ぎ、普天間基地に到着しました。山口県の岩国基地に一時配備されていたオスプレイは1日午前9時前から2機づつ3回にわけて普天間基地に向けて移動を開始しました。

草柳キャスターはヘリコプターで上空から「2機のオスプレイが見えました。現在11時5分です」「今沖縄の空に初めてオスプレイが翼を広げています」と話しました。

そして、およそ2時間後の午前11時すぎ、普天間基地にやって来た6機はヘリコプターモードで次々に着陸しました。

棚原キャスターは嘉数高台公園で「11時23分、今度は普天間基地の南側からオスプレイ一機の姿が見えました。ヘリモードでこちらに近づいてきます」と話しました。

オスプレイの配備を前に発表した日米合意では「できる限り人口密集地での飛行は避ける」と書いていますが、初日の1日もさっそく那覇市の新都心などで上空を飛ぶ姿が目撃され、那覇軍港では大綱挽きの準備をしていた翁長市長が、上空を通過するオスプレイを目撃したということです。

アメリカ軍によると今後数週間かけて普天間基地に12機全てを配備するということです。


仲井真知事と佐喜眞市長は、1日宜野湾市役所の屋上から普天間基地を視察し、次々と飛来してくるオスプレイを確認改めて基地の即時返還を求めました。

防衛局からオスプレイ配備開始の連絡を受け午前11時過ぎ宜野湾市役所に到着した仲井真知事は、佐喜眞宜野湾市長ともに足早に屋上に向かいました。

目の前に現れたオスプレイに、知事と市長とも無言のままオスプレイの着陸を険しい表情で見つめていました。

佐喜真宜野湾市長は「16年も我慢し待ち望んでいた返還そのものがむしろ負担増になり、市民が思っていたようなやはり1日も早い返還というものを政府は取り組んでいただきたい」と話します。

仲井真知事は「いずれにしてもこれは別のもっとこれに向いた飛行場が日本国内いろいろあると思うんですけどそういうところにもっていくしかないんですよ沖縄の街の真ん中の飛行場は無理だ」とと話しました。

スポンサーサイト

<< 他人事のような発言をする防衛省、金で片付けようとする首相 | ホーム | オスプレイは首相官邸に配備すべきでは >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP