FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

他人事のような発言をする防衛省、金で片付けようとする首相

10月1日の琉球朝日放送の番組です。
森本防衛大臣は「実際に来るとなると、反対される県民の方も大変多くなって、これからどうするかということですが、もちろん日米間の合意に基づいてアメリカも飛行の安全性に留意しながら部隊の運用を進めることになると思います」と話しました。琉球は自国内であるのに、まるで他人事のように話しています。琉球人の反対を同じ人間として真摯に受けて止めていません、この人は。
野田総理大臣は「普天間飛行場の1日も早い移設・返還をはじめ、沖縄の負担軽減や振興に一層、力を入れていくともに、オスプレイの本土移転を具体的に進めるなど、全国で負担を分かち合うよう、努力を重ねていきたいとおもいます」と話しました。オスプレイ配備により辺野古新基地を建設させ、カネで基地負担をごまかそうする日本政府の本音がでています。鳩山元首相の県外移設公約と同じように、オスプレイの県外移設の言葉も口約束でしかなく、本気ではありません。




このオスプレイの配備を受け、県内では反発が広がっています。

宜野湾市ではー男性が「いろいろ県民大会とかやてってもアメリカの言いなりだってことですね」「残念ですね。いろいろね日本政府に対してね」女性は「音がすごかったので屋上に出てみたんですけどやっぱり拒否できなかったのかなっていうので、凄い怖いです」と話します。

女性は「怖くて寝られないですね」男子大学生は「もしも自分の家とかに落ちてきたら大変なことになるなと思って怖いですね」70代の女性は「馬鹿にされているよね本当に」「孫たちのことをおもったら飛んでほしくない」50代の男性は「止められないのが残念みんな頑張っているのに」「(沖縄のことを)何とも思っていないというのがこの強行に現れていますよね」と話しました。

20代女性は「あきれているというか」「せっかく県民大会やったのに反映されてないというのが政府に対して残念」と話しました。

オスプレイのヘリパッド建設が続く東村高江でも落胆の声が上がりました。高江の女性は「もう絶対高江には、もちろん沖縄全体、日本全体そうですけれども、オスプレイは戦争の最先端をいく飛行機ですからね、絶対もう沖縄に持ってきて欲しくない。日本から持って行けですよ」と話しました。

また、他の女性は「なんで日本政府は、アメリカに物が言えないかねって今話をしていたんですよ。アメリカ勝手に、自分たちの都合のいいように言って、沖縄の声を絶対に聞きませんよね」「それこそ沖縄を侮辱している」名護市の稲嶺進市長は「本当に言葉が出ないという思いですね。」「よもやこのような形で現実になろうとは、信じたくないという思いですね」と話しました。

一方、県民の声に森本防衛大臣は「実際に来るとなると、反対される県民の方も大変多くなって、これからどうするかということですが、もちろん日米間の合意に基づいてアメリカも飛行の安全性に留意しながら部隊の運用を進めることになると思います」と話していました。

そして、1日内閣を改造した野田総理大臣は沖縄の基地負担についてこのように述べました。「普天間飛行場の1日も早い移設・返還をはじめ、沖縄の負担軽減や振興に一層、力を入れていくともに、オスプレイの本土移転を具体的に進めるなど、全国で負担を分かち合うよう、努力を重ねていきたいとおもいます」と話しました。
スポンサーサイト

<< 「重たい音。わじわじーする。許せん」 | ホーム | さっそく日米合意の「安全策」破り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP