FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

わがもの顔で琉球人の上を飛んでいるオスプレイ

10月3日の琉球朝日放送の番組です。

オスプレイの日米合意による「安全対策」が米軍により守られず、日本政府は何も言わないという植民地の実態が明らかになっています。
「見て今まではちょっとよくわからなかったんですど、やっぱり見ると恐怖心が出てきますね。落ちるかなもそうなんですけど、戦争でもやるんじゃないかなという感じでしたね本当に」
「恩納村でも学校の上をオスプレイが飛行していた。ありえない」
宜野湾市に住む女性は、「窓を開けて見ていたが、機体から匂いがした」とも話しており、オスプレイが市街地の至近距離を飛んでいることがわかります。

わがもの顔に米軍は、まるで自分の領土のように琉球人を上を飛んでいます。

普天間基地の近くに住んでいる私の友達は、米軍機が頭上を通過するとき、「自分がバカにされている」ようだと怒っていました。




オスプレイの配備が始まったおとといときのう、普天間基地のある宜野湾市はもちろん、県内各地でオスプレイの飛来を見たとの目撃談が相次ぎました。きょうは、オスプレイが市街地をどのように飛ぶのかについてお伝えします。

亀谷充子さん「すごい大きかったんですよ、聞こえましたね。お客さんも飛んでましたねという話をしてたんで、見ました見ましたとか言ってて」

初めてオスプレイを見た時の驚きを話すのは、那覇市で青果店を営む亀谷さん。

亀谷さん「なんか鈍い音が聞こえてきて、そしたら向こうのほうから見えてきて家の上を通って斜めのほうに抜けていったんですね。見て今まではちょっとよくわからなかったんですど、やっぱり見ると恐怖心が出てきますね。落ちるかなもそうなんですけど、戦争でもやるんじゃないかなという感じでしたね本当に」

こうした声は、県内各地から続々と上がっている。

浦添市Mさん39歳女性

「那覇浦添宜野湾の子供たちの生活エリアの上を飛んで行った。許せない」

恩納村絶対NO!さん25歳男性

「恩納村でも学校の上をオスプレイが飛行していた。ありえない」

アメリカ軍が公表した環境レビューによると、オスプレイは宜野湾市だけでなく、那覇市や浦添市などの住宅密集地の上空も飛ぶことがわかる。

那覇方面からの飛行ルートを見てみると、オスプレイは地上およそ600メートルの高さで那覇市街地に進入。高度を下げながら県庁上空を通過し、新都心地区では400メートル以下にまで降下する。

県立博物館・美術館の上空を飛ぶオスプレイ。100メートルにも届きそうな高層ビルが立ち、日々多くの人でにぎわいを見せる新都心地区。オスプレイは、こうした地域を縦横無尽に飛び回ることになるのだ。

市民「娘がこのへんの学校なんですけど何か見たって言ってました。本当に間近に来たんだなって感じで言ってましたね」

市民「ちょっと考えられないですね」

市民「嫌です。見るとは思ってなかったから他人事だと思ってたところがやっぱりあったんでしょうね、こういうのを見せられるまでは」

すでに9機が配備され、いつ訓練が始まってもおかしくないオスプレイ。その恐怖はもう間近に迫っている。

こういった声は、各市町村役場にも寄せられています。宜野湾市に住む女性は、「窓を開けて見ていたが、機体から匂いがした」とも話していて、オスプレイが市街地の本当に至近距離を飛んでいるようすが伺えます。

先月の日米合同委員会では、オスプレイがこういった市街地などを飛ぶ際の飛行ルールについて取り決めがされましたが、その内容には首を傾げざるをえないことも多いようです。

スポンサーサイト

<< 友知政樹さんが龍谷大学で琉球の今を語ります! | ホーム | 東京の琉球館で多くの方と出会い、学びました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP