FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米政府のオスプレイの問題性を指摘

10月4日の琉球朝日放送の番組です。


アメリカの会計検査院の報告書によれば、イラクに派遣されたオスプレイ3部隊の任務達成率は平均62%。最低限要求されるレベルの82%には遠く及びませんでした。また設計上500時間から600時間は使用できるはずのエンジンが、300時間から400時間という短い周期で交換されていました。24人の海兵隊員を運ぶことが出来るはずでしたが、兵士が重装備の場合には20人しか乗れませんでした。米会計検査院は『もう一度、費用のかからない代替案を検討すべきだ』と勧告しています。
このような米政府も問題視している軍用機が琉球に配備されているのです。このような問題の軍用機と知りながら日本政府は琉球に押し付けているのです。




普天間基地に配備されたオスプレイはこれまでのところ9機です。残る3機は、まだ一時駐機先の岩国基地にとどまっています。

飛んでこない理由は整備不足。きょうようやく、このうちの1機が試験飛行を開始しましたが、部品調達の遅れで飛べないという事態は、過去にも起きているんです。

3年前の5月に公表された、アメリカの会計検査院の報告書です。オスプレイの導入によって、一体どの程度の予算が必要なのか、危機感を感じた議会の求めに応じて作成されました。


報告書では、隊員や貨物をより速く、より遠くに運ぶことが出来るオスプレイに一定の評価を示しつつも、従来のヘリコプターに代わる最善の選択かどうかには疑問を呈しています。

『部品供給の弱点により、オスプレイの能力は要求されるレベルに達していない』

報告書によれば、イラクに派遣されたオスプレイ3部隊の任務達成率は平均62%。最低限要求されるレベルの82%には遠く及びませんでした。

その最大の理由は…「部品調達」。

整備部隊は、配備した機体の3倍の部品を用意していましたが、13種類の部品不足が特に深刻でした。

平均で寿命の30%ももたず、特にこのうちの6種類は設計寿命の10%も持たずに故障し、交換が必要となりました。飛びたくても飛べない機体が続出したのです。

部品の信頼性不足、そして供給体制の不備。会計検査院は正面から問題点を指摘しています。さらに報告書は、エンジンの信頼性にも疑問を投げかけています。

『エンジンの稼働時間が、目標に達していない』


設計上、500時間から600時間は使用できるはずのエンジンが、300時間から400時間という、短い周期で交換されていました。

指摘はさらに続き、機体の問題点だけでなく、オスプレイの能力そのものにも及びました。

カタログでは24人の海兵隊員を運ぶことが出来るはずでしたが、兵士が重装備の場合には20人しか乗れないことがわかったのです。装備や搭載する武器によっては、さらに減少します。


こうした分析の結果、会計検査院はこう結論付けました。

『もう一度、費用のかからない代替案を検討すべきだ』

本国でもすでに3年前に指摘されていた、部品の信頼性不足とオスプレイの能力への疑問。アメリカにとっては、議会への報告書で済ますことのできる予算の問題かもしれませんが、配備された沖縄にとっては、命に直結する問題なのです。

岩国基地への陸揚げは7月23日でした。2ヵ月以上も経つのに部品を待っているというのは、イラクの場合とまったく同じ状況です。部品の信頼性というのは、言い換えれば「安全性」そのものです。
スポンサーサイト

<< グアムから学ぶ脱植民地化~国連・国際法を活用して~ | ホーム | 友知さんが関西で琉球を考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP