FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島ゆいまーる会議5

IMG_2546.jpg
フェリーからみた伊江島タッチューです。私は小さい頃からタッチューの話を聞いていましたが、登ったのは、今年1月が始めてでした。わびあいの里の吉田さんのご紹介で登りましたが、足ががくがくしました。

IMG_3395.jpg
ニャーティヤガマです。戦時中、千人もの住民が避難していたそうです。住民の中に海外に移住し、英語を話すことのできる方がおり、米軍が住民を殺さないことがわかり、「集団自決」を避けることができたそうです。非常に広々としており、琉球の他のガマとは異なり、海に面し、明るい感じがしました。

他方、島の別の場所にあるアハシャガマでは、約120人の住民が避難し、「集団自決」が行われました。1971年に12月、このガマから百数十体の遺骨が発掘されました。

伊江島では戦時中、日本軍による住民虐殺も発生しており、伊江島は基地建設による土地略奪という問題を含め、戦争・基地問題の縮図であるといえます。

IMG_3396.jpg
沖縄島の米軍基地周辺の市町村でもみることのできる、看板です。
毎年値上がりし、担保価値としても高いとされる軍用地を、国、民間業者が購入しようとしています。

日本政府は、軍用地に異常な経済価値を賦与して、琉球を基地依存の島にしようしています。しかし土地には経済価値以上のものがあることを、阿波根さんの実践が教えてくれます。

IMG_3397.jpg

日米両政府による住民分断政策にのらず、経済価値以上のものが琉球の土地、シマにあると考え、ふたたび住民同士が団結すべきではないかと、この道場が訴えているようです。

IMG_3399.jpg
団結道場の前です。葉タバコの畑があり、その奥に基地があります。米軍による落下傘降下訓練では、住宅地に米兵が着地することもあるそうです。伊江島は米軍の訓練を引き受け、基地関連の補助金も得てきましたが、島は本当に豊かになったのかを改めて考えさせられました。



スポンサーサイト



<< 伊江島ゆいまーる会議6 | ホーム | 伊江島ゆいまーる会議4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP