FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『 琉球列島の環境問題 ―「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ ―』

『 琉球列島の環境問題 ―「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ ―』という本が今年12月に出版されます。琉球の環境問題について、具体的にさまざまな視点から書かれています。是非お読みください!

発 行:沖縄大学地域研究所「『復帰』
40年、琉球列島の環境問題と持続可能性」共同研究班
編 集:桜井国俊・砂川かおり・仲西美佐子・松島泰勝・三輪大介
発行所:高文研 発行日:2012年12月8日 2,000円

目 次(予定)
序文                                             編集委員会
第1章 シマの今昔
 第1節 地域資源管理と生業の変化
 (1) やんばるの暮しと自然(やんばる)                       島袋正敏(山原ものづくり塾)
 (2) 共同売店に学ぶ「共有」の知恵(やんばる)                  眞喜志敦(共同売店ファンクラブ)
 (3) シマの暮らしと環境(南恩納)                             仲西美佐子(美砂の会)
 (4) クメジマボタルからの警告(久米島)                      佐藤文保(久米島ホタル館)
 (5) サンゴの島々の水環境(宮古島他)                     中西康博(東京農業大学准教授)
 (6) 「逆格差論」とは(名護)                         上山和男(一坪反戦地主北部ブロック)
     コラム 森と海と共同の力で(名護)                   輿石正(エコネット・美(ちゅら))
 第2節 大量生産・大量消費の生活様式
 (1) 都市化に伴う景観の変容(沖縄島)                            崎山正美(風水舎)
 (2) 問われるライフスタイル(那覇)                           宮良弘子(アースの会)
 第3節 リゾート開発と環境・自治
 (1) リゾート開発と自治・経済・環境問題(西表島)             石垣金星(
NPO法人西表島自然保護協会)
 (2) 町並み保存運動40年(竹富島)                       上勢頭芳徳(竹富公民館前館長)
 第4節 軍事活動による環境問題
 (1) 普天間基地の騒音問題と危険性(宜野湾)                山内茂雄(宜野湾市基地政策部元部長)
 (2) 基地跡地の環境汚染(北谷)                    照屋一博(北谷町建設経済部区画整理課長)
 (3) 辺野古の基地建設計画と環境アセスメント(名護)          真喜志好一(建築家・沖縄環境ネットワーク)
 (4) 平和な与那国島に自衛隊はいらない(与那国島)
田里千代基(与那国町議会議員)・田嶋琴江(与那国島の明るい未来を願うイソバの会)
 第5節 公共事業と環境問題

 (1) 土地改良事業は豊かな暮らしを生み出したか(石垣島)       上村真仁(
WWFサンゴ礁保護研究センター)
 (2) 「日本復帰」後の奄振事業と環境問題(奄美)              薗博明(NPO法人環境ネットワーク奄美)
第2章 問題群の構造
 第1節 「豊かな」社会を求めて…

 (1) 大量生産・大量消費の生活様式                           桜井国俊(沖縄大学教授)
 (2) 島々のリゾート開発による破壊と再生                     安里英子(沖縄大学非常勤講師)
 第2節 平和や自治を阻害する「国策」 
 (1) 軍事活動による環境問題                           砂川かおり(沖縄国際大学講師)
 (2) 植民地経済の形成                                 松島泰勝(龍谷大学教授)
 (3) 振興開発と公共事業                                桜井国俊(沖縄大学教授)
第3章 琉球列島の環境史
 第1節 島の成り立ちと琉球列島特有の環境                       目崎茂和(三重大学名誉教授)
 第2節 琉球列島における人々の営みと自然環境の変容 

三輪大介(沖縄大学地域研究所特別研究員)・平良勝保(法政大学沖縄文化研究所国内研究員)
 第3節 米軍統治時代・「日本復帰」後のシマの発展を問う                   松島泰勝(龍谷大学教授)

終 章 持続可能な琉球列島への展望                                   編集委員会

 今年は沖縄の施政権が日本政府に返還されてから
40周年の節目の年である。この機会に、琉球列島の島々が持続可能な
社会に向けどこまで歩んだのか、それとも逆走していないか、確認する作業をしてみるのは無駄ではあるまい。そしてまた、
改めて持続可能な琉球列島に向け、進むべき方向を見定めるべき時であろう。本書は、かかる問題意識のもとに、琉球列島
の各所で多様な取り組みを行っている実践者たちが、この地域に暮らす人々に伝えるメッセージである。それはまた、持続
可能な日本、持続可能なアジア、そして持続可能な地球社会を目指す人々への連帯のメッセージでもある。
 本書では、琉球列島におけるこれまでの暮らし方と直面する環境問題を明らかにし、その背景や要因を構造的に分析する。
さらに歴史的な要因を検証することで問題の根源にまで遡って理解しようと試みた。その上で、琉球列島における持続可
能性を考える視点を確立する際の手がかりを提案する。本書が端緒となって、持続可能な琉球列島を目指す多様な試みが、
百花繚乱と花開くことを願っている。

(「琉球列島の環境問題」編集委員会)
スポンサーサイト

<< 『琉球独立への道』に関する越田さんの書評 | ホーム | 『琉球の「自治」』第2刷ができました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP