FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米領バージン諸島、グアムと琉球とのネットワーク

10月中旬、米領バージン諸島の国連アドバイザーのコービンさん、グアム政府脱植民地化委員会のエドワード事務局長が琉球に来られました。その時の模様を以下に紹介します。写真はフェイスブックにありますので、私の名前で検索してください。



先々週、米領バージン諸島の国連アドバイザー、コービンさんを平和祈念資料館にご案内しました。台風の最中で、ニューヨーク、成田、グアムから来たばかりで寝不足でしたが、琉球の歴史、沖縄戦の実態に目を凝らしていました。

高江では伊佐さんから高江の闘いについて伺い、辺野古でも安次富さんからお話を聞きました。コービンさんは、世界の脱植民地化運動についてのホームページ、Overseas Territories Reviewを主催しており、琉球における反基地運動についての世界に紹介すると言ってくれました。

琉球の闘いが太平洋、カリブ海の人々とつながったことを象徴する写真です。

夜からは、宜野湾の琉球館において、国連、国際法を活用した脱植民地化をグアムから学ぶ学習会を開きました。親川さんの通訳をして下さり、大変助かりました。にーふぁいゆー!

友知さんがコーディネーターをして下さり、議論がスムーズに行き、議論も活発に行われました。にーふぁいゆー。皆、真剣な姿勢で議論に参加して下さいました。

新報、タイムスの記者も取材にこられました。タイムスの新里さんとは、京都で先月会ったばかりでしたが、琉球に帰国後、ジャーナリストとして頑張っておられました。新報の与那嶺さんとも初めてお会いして、色々と話が出来てよかったです。

琉球企画の照屋さん、本村さんが今回の集いを開いてもらい、にいーふぁいゆー。照屋さんからも、鋭い質問が出されました。

参加者から、それぞれの立場から質問がされ、意見の交換も行われました。コービンさんは琉球が今回が初めてでしたが、今後、国連、国際法を通じた琉球の脱植民地化に対しても関心をもち、支援して下さると思います。

お二人とも、真剣に琉球人からの質問に答え、議論をして下り、にーふぁいゆー。お二人とも自己負担で、琉球のために今回来て下さいました。コービンさんは、今、仏領ポリネシアの国連非自治地域リスト登録への支援活動を行っており、この集いが終わった後も、ホテルに戻り、スカイプで連絡を取り合っていました。エドワードさんも、タイムスの新里さんから、琉球とご自身との関係についてインタビューを受けていましたので、いつか、記事になると思います。

グアム政府脱植民地化委員会事務局長のエドワードさんです。琉球と同じように、グアムでも日本軍による住民虐殺があった話をエドワードさんから聞きました。戦後もチャモロ人の土地が奪われ、今も土地は返還されず、土地の所有権は米政府がもっているため、地代も払われていません。グアムは非常に厳しい状況におかれています。
スポンサーサイト

<< 天木直人さんの琉球独立に関するご意見 | ホーム | 『琉球独立への道』に関する越田さんの書評 >>


コメント

環太平洋らしさは、環太平洋の人々との力強い絆で築き上げよう!

平和の海は、よそ者には荒らされない様、まさに深海の底から、お互いでもって自覚を強くしていかなければなりません。

〈人間らしい人間〉それは、平和の海から世界中に拡げてアピールすべきです。

しっかりとした絆が芽生えるならば、周りも自ずと変化が現れるモノです。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP