FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天木直人さんの琉球独立に関するご意見

天木さんが『毎日新聞』に掲載された小生の琉球独立論について前向きなコメントをして下さいました。




国民の関心が尖閣問題に釘付けになっている隙に、オスプレイの沖縄配備が強行されようとしている。 沖縄無視の数々の暴政の中でも、このオスプレイ強行配備ほど理不尽で非人道的なものはない。どこまで沖縄は差別され、踏みにじられていくのか。こうなれば独立しかないのではないか。

そう思っていたら9月24日の毎日新聞で沖縄の独立を真剣に考えている人たちがいることを知った。「そこが聞きたい」というインタビュー記事の中で松島泰勝龍谷大学経済学教授(49)が述べていた。私たちは2010年に「琉球自治共和国得連邦独立宣言」を発表したと。きっかけは、鳩山首相が公約した普天間飛行場の「最低でも県外移設」が簡単に切り捨てられたからだと。沖縄が日本の一部であり続ける限り永遠に米軍基地はなくならない、もはや独立するしかないと。

それから2年たった沖縄本土復帰40年にあたる2012年に理不尽なオスプレイが強行されようとしているのだ。これは単なるヘリコプターの機種変更の話ではない。普天間の辺野古移設とあわせた日米同盟強化の意思表示である、決して偶然ではないと松島教授は続ける。

私が注目したのは松島教授がそこで述べている沖縄独立論が決して非現実的ではないということだ。政治・経済学、国際法、民族学、社会学など総合的に見ても不可能ではないと松島教授は強調する。もちろんこれは沖縄県民が決めることである。本土の人間が押し付けるわけにはいかない。そして40年前に折角念願の本土復帰を果たしたのに、再び日本から離れるというのは不安だと考える沖縄県民がいても不思議は無い。

しかし本当にそうなのか。沖縄は差別され続け、これからもますます本土のために米軍基地化を迫られる。その一方であこがれていた日本がもはやどうしようもない日本になりつつある。日本の政治そのものが機能しなくなりつつある。日本を見捨てて逃げ出そうとしている富裕層も出て来ている。日本政府はもはや国民の生活を守れなくなってきている。

そう考えた時、沖縄独立は不安どころか明るい未来が展望できる素晴らしい構想かもしれないことに気づくはずだ。沖縄県民の多数がそう願い本土の日本国民がそれに賛同すれば沖縄独立論は大きな政治運動として発展していく可能性がある。

そしてここからが私の言いたいことであるが、沖縄独立論といい沖縄連邦共和国論といい、これこそが究極の地方主権であるということだ。みなが知ってるとおり、地方主権は、もはや橋下大阪市長の主導する「日本維新の会」やみんなの党など多くの政党が訴えている主要テーマだ。私は今後日本にどのような政党によるどのような連立政権ができようとも、地方主権は避けて通れないテーマだと思っている。

もはや官僚が決める政策を中央政府が全国の国民に画一的に押しつける時代は終わったのだ。中央政府が独占している租税権や予算配分権の一部を、地方自治体が権利として要求する。そしてそれを使って好きなように行政を行なう。これこそが直接民主主義である。

沖縄の自治共和国連邦独立宣言はその究極的な姿だ。米軍基地を撤退させ、世界に軍隊の無い永世中立を宣言し、自然と共生する自治体、観光と農水産業と自然エネルギーの自治体、それを宣言する。素晴らしい事ではないか。沖縄に限らず自分たちの目指す社会を地方自治体がどんどんと実現していく。そうすれば閉塞した今の日本は間違いなく活性化する。

沖縄独立は単に沖縄だけの問題ではない。地方独立、すなわち地方主権の象徴なのである。私が沖縄独立論を支持する理由がここにある。




天木 直人
外交評論家


2003年、当時の小泉首相に「米国のイラク攻撃を支持してはいけない」と進言して外務省を解雇された反骨の元外交官。以来インターネットを中心に評論活動をはじめ、反権力、平和外交、脱官僚支配、判官びいきの立場に立って、メディアが書かない真実を発信しています。主な著書に「さらば外務省!」(講談社)、「さらば日米同盟!」(講談社)、「アメリカの不正義」(展望社)、「マンデラの南アフリカ」(展望社)。
スポンサーサイト

<< 第12回NPOゆいまーる琉球の自治の集いin 久米島へのご招待 | ホーム | 米領バージン諸島、グアムと琉球とのネットワーク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP