FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さまよえる地域研究―沖縄・台湾・韓国(朝鮮)にとっての沖縄返還・日華断交・琉球独立―

次のようなシンポが来月末、沖縄県立博物館で開かれます。琉球、台湾、韓国、日本の研究者と議論します。私も琉球独立と台湾との関係について報告します。皆さん、どうぞお越し下さい。



さまよえる地域研究
―沖縄・台湾・韓国(朝鮮)にとっての沖縄返還・日華断交・琉球独立―
主催:早稲田大学アジア研究機構  後援:公益財団法人 交流協会
【大会の趣旨】

 本年は沖縄の施政権返還40 年のみならず、サンフランシスコ平和条約発効60 年や日華断交40 年、香港返還15 年など、戦後の東 アジア全域に大きな変化をもたらした出来事の節目が重なる年にあたる。このため、こうした出来事が個別の「地域」以外の地域に はどのような衝撃をあたえていたのかという視点から捉え直す絶好の時機でもあるといえよう。

 本大会では、東アジアにおいて戦前から戦後にかけてしばしば国境線が引き直され続けてきた沖縄・台湾・韓国(朝鮮)を「境域」
として位置づける。その上で、冷戦下の東アジアを、「大国」と沖縄・台湾・韓国(朝鮮)との結びつきやそれぞれの「地域」に縛ら
れるのではなく、「境域」同士の結びつきから捉え直す。本大会では、沖縄返還・日華断交・琉球独立をテーマとして取りあげ、「境域」
の視点から捉え直し議論を行なう。

たとえば、沖縄返還や琉球独立のようにこれまで沖縄に固有の課題とされてきたテーマをあえて
沖縄から「越境」させ、台湾や韓国(朝鮮)にはどのような影響が及び、さらには台湾や韓国(朝鮮)にとってはいかなる歴史的な
意義をもつと考えられるのかを議論する。本大会におけるセッションを重ねることで、重要でありながらもこれまでの枠組みや視角
からは零れ落ち、見落とされてきた問題を浮き彫りにしたい。

そして、これからの東アジア像を構想するために現在の地域研究が乗
り越えるべき課題や次世代の東アジア研究にはどのような展開が望まれるのかを沖縄・台湾・韓国の研究者で討議する。

【プログラム】
【第1日】(11月24日)
【第2日】(11月25日)
13:00-13:30

開会式
 司会:梅森直之(早稲田大学台湾研究所 所長)
 主催者挨拶:小口彦太(早稲田大学アジア研究機構 機構長)
 祝辞:白保台一(沖縄県立美術館・博物館 館長)
 祝辞:仲井眞弘多(沖縄県知事)
 祝辞:粘信士(台北駐日経済文化代表處那覇分處 處長)

13:45-14:45
記念講演:琉球華僑にとっての復帰40 年
      林国源(琉球華僑総会 会長)

15:00-17:30
第1 セッション:日華断交と華僑
 台湾において「台湾人」アイデンティティが形成されたきっか
けは二二八事件にあることが歴史的に実証されている。しかしな
がら、台湾以外の地域に居住する華僑・華人にとって「台湾人」
アイデンティティが形成される歴史的過程は必ずしも十分に明ら
かとはなっていない。本セッションでは、日華断交という出来事
が海外における華僑・華人の「台湾人」意識形成にどのような影
響を及ぼしたのかを日本のみならず沖縄・韓国も含めて検討する。

 司会:松島泰勝(龍谷大学 教授)
◆「琉球華僑」と日華断交
         八尾祥平(早稲田大学アジア研究機構 研究助手)
◆「日華断交」下における中華民国の「正統性」の海外
 宣伝と韓国華僑の共鳴―『韓華公報』を中心に
              王恩美(国立台湾師範大学 助理教授)
◆「在日台湾人」と日華断交 何義麟(国立台北教育大学 副教授)
 討論者:林泉忠(中央研究院 副研究員)

10:00-12:00
第2 セッション:韓国からみた「戦後」沖縄
 冷戦下の韓国(朝鮮)において沖縄とは米軍基地による「盾」という側面もあっ
た。こうした情勢下における韓国・沖縄関係および在沖コリアンからみた沖縄返
還とはいかなる経験であったのかについて議論する。

 司会:菅野敦志(名桜大学 専任講師)
 ◆1950 年代の韓国・沖縄関係―反帝国主義、独立、貿易―
                     高賢来(東京大学博士後期課程)
 ◆在沖コリアンにとって沖縄返還とは何だったのか
        小林聡明(Research Fellow, East West Center in Washington)
 討論者:外村大( 東京大学 准教授)

13:00-15:00
第3 セッション:沖縄の「自治」・「復帰」・「独立」
 戦後の沖縄では「自治」・「復帰」・「独立」が問われ続け、その思想としての強
度は世界的に見て高い水準にあることは言うまでもない。ただし、沖縄ではかつ
ての蒋介石率いる中国国民党政権が沖縄の復帰を認めず、「琉球」独立を強く支
持していたという史実は一般にはあまり受け継がれてはいない。本セッションで
はかつての中国国民党政権にとっての「琉球」独立運動をとりあげ、その一方で、
重厚な思想的蓄積をもつ沖縄の独立論からみて、台湾とはいかなる位置づけを持
ちうるのかを議論したい。

 司会:本浜秀彦(沖縄キリスト教学院大学 教授)
 ◆中華民国の対「琉球」政策と「琉球独立論」    楊子震(筑波大学 研究員)
 ◆琉球独立論と島嶼としての台湾         松島泰勝(龍谷大学 教授)
 討論者:泉水英計(神奈川大学 准教授)・呉叡人(中央研究院 副研究員)

15:15-16:30
総合討論
 司会:八尾祥平(早稲田大学アジア研究機構 研究助手)
 討論者:林泉忠(中央研究院 副研究員)・何義麟(国立台北教育大学 副教授)
     王恩美(国立台湾師範大学 助理教授)・松島泰勝(龍谷大学 教授)
     呉叡人(中央研究院 副研究員)
スポンサーサイト

<< 今日、琉球に帰国します | ホーム | スコットランドとカタルーニャの独立 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP