FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「琉球独立と平和学」:日本平和学会での部会開催

‎11月23日、三重県において開催される日本平和学会の全国集会において、「琉球独立と平和学」と題する部会を立ち上げます。本当に日本国の中に琉球があることで基地をなくすことが出来るのかを徹底的に議論したいです。

報告者のレジュメは同学会HPよりダウンロードできます。

趣旨:日米両政府により辺野古新基地建設やオスプレイ配備が進められるなか、「沖縄差別」という声が琉球人の中から挙がっています。日本と琉球との関係性を根本から問い、現在の植民地状態を変えるために、脱植民地化、独立をキーワードにして各分野のパネラーが議論を行い、琉球にとっての平和学とは何かを明らかにしたいと思います。

パネラー: 松島泰勝(龍谷大学)「琉球の脱植民地化、独立、平和―琉球は「日本固有の領土」なのか―」、

富山一郎(同志社大学)「独立 について―日本の国家主権からおりるということ、琉球民族の主権を獲得するということ―」、

友知政樹(沖縄国際大学)「MV-22オスプレイの琉球(沖縄)強行配備にみる琉球(沖縄)差別~第五次琉球処分の視点から~」、

コーディネーター:竹尾茂樹(明治学院大学)
ディスカッサント:青柳寛(国士舘大学)
スポンサーサイト



<< スコットランドとカタルーニャの独立 | ホーム | 個人、民族、国家の関係を問う:関西大学での国際シンポ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP