FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島 3

IMGP2180.jpg
久米島の久米仙の工場です。事務所で職員さんから酒の造り方を教えてもらい、いろいろな種類の酒を試飲しました。


IMGP2182.jpg
これまで呑んできた久米仙が作られている現場を訪問することが出来ました。これから久米仙を呑むときは島の情景を思い出しながら呑むでしょう。


IMGP2183.jpg
太陽石です。ここから見える粟国島とこの石との位置から、日の出の時間を観測し、農業や航海に活用したそうです。島の先人の知恵に感じ入りました。


IMGP2184.jpg
車エビの養殖場です。久米島は日本一大きな車エビが養殖されているそうです。しかし集いで島の方から発言があったように、この車エビを島で食べる機会があまりないそうです。大きいエビは島の外の市場に出荷されるため、島内の市場にはあまり流通しないようです。島の内と外との関係について考えさせられました。


IMGP2187.jpg
比屋定バンタにいくと、周辺の島々の地図がありました。粟国、渡名喜、慶良間、鳥島等が周辺にありました。群島の中に久米島があることがわかります。夜は米軍が鳥島射爆場で爆撃訓練をすることもあるそうです。劣化ウラン弾も投下され、放射能の影響が心配されます。
スポンサーサイト

<< 『個人、民族、国家の関係を問う』関西大学3研究所合同シンポジウム | ホーム | 第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP