FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島 7

IMGP2216.jpg
このたびの、ゆいまーるの集いの開催にあたり、大変おせわになった喜久里猛議長です。議長は京都の伏見桃山高校のご出身であり、私が龍谷大学で働いていると聞いて大変喜んで下さいました。議長は、姪に当たる喜久里康子さんからご紹介されました。


IMGP2217.jpg
昼食時間、歩いて近くの港にある食堂に向かいました。父は足が少し不自由であるため、ゆっくり歩いて食堂に向かいました。健康なうちに、さらに島々での集いに参加してほしいと思います。


IMGP2219.jpg
兼城地区にある港はかつて、中国と沖縄島とを結ぶ交易時代に船の風待ちの港として利用されたそうです。沖縄島、中国双方からの影響をうけてきたと思われます。


IMGP2222.jpg
左から博物館の学芸員をされている佐久田さんと、博物館の平田館長です。お二人からも久米島の歴史や文化について詳しくお話を聞きました。佐久田さんとは夜の交流会の時にも話しましたが、平和問題にも関心をもっており、今の日本の状況に対して危機感をもっていました。


IMGP2223.jpg
前利さんが沖永良部島から到着され、集いの議論に参加されました。新元さんをはじめ、毎回、ゆいまーるの集いにこられ心より感謝いたします。活発に質問、意見を述べていただきました。


スポンサーサイト

<< 日本平和学会秋季全国集会、早稲田大学アジア研究機構第6回次世代国際研究大会にて報告します | ホーム | 第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP