FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍谷大学 東日本大震災復興支援フォーラム 震災は他人事(ひとごと)じゃない!東北沿岸600キロ震災報告~つながり続けるということ~

今日、龍谷大学で以下のようなイベントが行われます。先日も大学から学生たちがバスで石巻市に行き、ボランティア活動をさせていただきました。この時期、大震災について考えてみませんか。是非お越し下さい。




震災から1年以上経ち、被災地の現状が関西からは見えにくくなってきました。復興支援のために被災地に行くことは全てではありませんが、被災地の現場に行った人と行っていない人との感じ方や考え方にも差が出てきていることは否めません。
 復興には、まだまだ時間がかかります。私たちには、目を背けることになく、一緒に復興に向けて歩み続けることが求められています。
 今回のフォーラムでは、写真家の大西暢夫を講師に迎え、震災に向き合いたいと考えています。

 大西さんは、東北沿岸600キロを取材しています。そして、『伝えることは、現場を見たものの責任かもしれない。そのことが支援の次に生まれる仕事だとも感じている。』と話し、現在も被災地に通い続け、そこで見たことを発信し続けています。また、東松島市の仮設住宅の一室にスタジオを作り、そこに住んでいる人から、ひとりひとりの『3・11の証言』を話してもらい、記録としてまとめています。
 ぜひ、被災地の現状について知り、これからも関心を持ち続けてください。

・講  師:大西 暢夫(おおにし のぶお)
・日  時:2012年12月1日(土) 13:30~16:30 開場13:00~
・場  所:龍谷大学深草キャンパス22号館101教室 
    京都市伏見区深草塚本町67

フォーラム当日は、22号館107教室にて、大西暢夫写真展を同時開催

【写真展開催時間:10:00~17:00】
・申込不要。どなたでも参加できます。当日、直接お越しください。
・入場無料
スポンサーサイト

<< 富山と広島で琉球の脱植民地化、独立、平和について話をしました | ホーム | 第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島 8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP