FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島ゆいまーる会議8

IMG_3442.jpg
わびあいの里に入る入り口にある看板です。

IMG_3445.jpg
わびあいの里の責任者である、謝花さんです。阿波根さんの実践、思想を継承され、私たちに阿波根さんの生き方、平和の意味についてお話くださいました。柔和な話し方でしたが、信念がこもった言葉が印象的でした。

今回のゆいまーるの集いでは、大変、お世話になり、心より感謝申し上げます。

IMG_3446.jpg
左から大城さん、新元さん、前利さん、阿曽さんです。先日、新元さんのご長女、そらさんが、NHKののど自慢九州大会に出場し、沖縄島でも放映されたそうです。昨年の、宇検村平田でのそらさんの歌声が思い起こされます。

大城さんは、女性史研究の立場から現在の琉球問題について問題提起をされました。新元さんは徳之島の開発問題について、前利さんは、道州制によって奄美諸島が沖縄県と鹿児島県に引き裂かれるという問題を指摘しました。


IMG_3451.jpg
左から目取真さん、海勢頭さん。目取真さんは、名護市の不正に関する自らの論考が地元新聞において掲載されず、地元マスコミの問題性について、そして、沖縄島北部における自立経済の事例等についてお話されていました。

海勢頭さんは、古代からの琉球における平和運動と現在の基地問題との関連について語っておられました。阿波根さんが道理、宗教、倫理に基づいて平和運動を語り、実践していたことと重なっていると思いました。

IMG_3452.jpg
左から新元さん、安里さん、阿曽さんです。安里さんは、琉球の自治の思想的流れについて語り、NPO法人ゆいまーる琉球の自治のあり方について提案をされました。

スポンサーサイト



<< 伊江島ゆいまーる会議9 | ホーム | 伊江島ゆいまーる会議7 >>


コメント

引き裂かれるとは

松島さん、こんにちは。いつも楽しみに読ませてもらっています。

「道州制によって奄美諸島が沖縄県と鹿児島県に引き裂かれる」というのは具体的にどんなことを指すのでしょう。知りたく思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


引き裂かれる奄美

 「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」の松島さんが伊江島で開かれた「ゆいまーる会議


 BLOG TOP