FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島ゆいまーる会議9

IMG_3453.jpg
左から金城さん、門野さん、西浜さん、石蔵さんです。金城さんは、大阪地裁で行われている、「集団自決訴訟」が大阪在住の沖縄人にとってもつ意味について語りました。昨日、「軍隊の強制があった」という判決がなされました。

門野さんは、西浜さんのご紹介で参加されました。地域社会学がご専門で、伊江島について調査されている研究者の方です。伊江島の自治と、ご自分の立場との関係についてお話されました。

西浜さんは大阪市立大学大学院で「沖縄の独立・自立」に関する博士論文をかかれている方で、そのテーマと伊江島との関係について話されました。石坂さんはご自分と沖縄との関係について語ってくださいました。

IMG_3454.jpg
左から門野さんと私の両親です。母は、生活の中での地産地消の取り組みについて、父は、NPO法人のあり方について述べました。

IMG_3455.jpg
東洋大学の学生も忙しい中、話しを聞いていました。彼らは毎年、わびあいの里にやってきて、畑作業を手伝いながら平和について身をもって考えているそうです。私が1月に里にきたときには、専修大学の学生が雨の中、きていました。学生たちの熱いまなざしが忘れられません。

IMG_3456.jpg
左から伊江島村役場の内間さん、久高島の内間さんです。役場の内間さんは、島の偉人に関する劇の脚本を書き、子供たちに卒業記念に劇をさせている方です。子供や親御さんも劇を通じて島の歴史と人間を学ぶことができるとして、毎年行っています。地道な取り組みに感動しました。

久高島の内間さん島独自の信仰、文化によって島を守るということについて、実例をもって教えてくださいました。

IMG_3457.jpg
海勢頭さんも島の信仰について語り、久高島の内間さんと熱を帯びた意見交換をしていました。その夜の交流会において、海勢頭さんは内間さんがこの集いに参加されて大変よかったと私に耳元でおっしゃりました。





スポンサーサイト



<< 伊江島ゆいまーる会議10 | ホーム | 伊江島ゆいまーる会議8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP