FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「「ルーズベルトの責任」と「日本の責任」」

下記の論文集に、私の「「ルーズベルトの責任」と「日本の責任」」という論考が掲載されていますので、ご関心がありましたら、お読みください。





『ビーアド『ルーズベルトの責任』を読む』藤原書店、2012年

はしがき  開米潤

I チャールズ・ビーアド――人/学風/業績
 序 チャールズ・ビーアドという巨人  粕谷一希
 〈座談会〉人/学風/業績――ビーアド博士をしのびて(1958年)
  蝋山政道+高木八尺+鶴見祐輔+松本重治+前田多門(司会)

II 『ルーズベルトの責任』を読む
 序 祖父チャールズ・A・ビーアドについて  デートレフ・F・ヴァクツ
 1 『ルーズベルトの責任』を読む
  青山やすし/渡辺京二/岡田英弘/小倉和夫/川満信一/松島泰勝/
  小倉紀蔵/新保祐司/西部邁/榊原英資/中馬清福/三輪公忠
 2 同時代人によるビーアドの評価
  マシュー・ジョセフソン/リチャード・ホフスタッター/
  ハワード・K・ビール/ハロルド・J・ラスキ

III ビーアドの外交論と世界の未来
 序 「大陸主義」は世界平和をもたらす積極外交である  開米潤
 1 「大陸主義」とは何か――『アメリカのための外交政策』(1940年)抄訳
   チャールズ・A・ビーアド
 2 ビーアドの衝いたアメリカの「独善」――アメリカはどこへ向かっているのか  開米潤
 3 日米関係の核心は中国問題である  丸茂恭子/阿部直哉/開米潤

〈附〉アメリカ史略年表/ビーアドの歴史関連著作の販売部数/ビーアド著作一覧




関連情報

 ビーアドと『ルーズベルトの責任』は日本社会では戦後、ずっと無視され続けた。それはいったいどうしてなのか。(…)
 米国では今でも「真珠湾でなぜ、あれだけの被害を被ったのか」という議論が生きている。戦勝国であるアメリカが二度とあの惨劇を生まないために真珠湾の悲劇にこだわっているのに対して、敗戦国である日本は素知らぬ顔を決め込んでいる。ビーアドがルーズベルトにも戦争責任があったと言っても、「あれはインチキですから」と切り捨てる一部の知識人の姿勢。戦後の日本は経済にしろ、安全保障にしろ、アメリカを抜きにしては何も始まらなかった。おそらく、知米家であればあるほどそうした意識が強く、アメリカに対する〝遠慮〟となるのだろう。『責任』が長い間、日本社会で無視されてきた背景には、こうした自己欺瞞とアメリカに対する自己抑制の論理がある。それが思考停止の大きな要因なのである。
(本書「はしがき」より)
スポンサーサイト

<< 動乱のインテリジェンス | ホーム | 「オキナワ」と「フクシマ」から考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP