FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島 15

IMGP2273.jpg
ホテルの部屋から取った写真です。きれいな朝でした。今回宿泊した久米島ホテル・ガーデンヒルズさんには、何度か車を出してもらったり、集いの時にはペットボトルの差し入れをして下さったりといろいろとお世話になりました。ホテルの関係者に皆様にも心よりお礼申し上げます。


IMGP2279.jpg
芥川さんには、久米島に到着早々のフィールドワークで車の運転をしてもらいました。歩くのが遅い私の父親にも暖かいご配慮をいただきました。藤原社長にも貴重なご本の寄贈を頂きました。また本集いの開催にあたってはコミュニティラジオ局である、FM久米島さんには事前に本集いについて広報してもらいました。また兼城公民館の館長、地域の方々にも大変お世話になりました。心底よりの感謝の気持ちを表させていただきます。



IMGP2278.jpg
新元さんは毎回のように参加して下さっています。奄美大島の平田から車で名瀬に行き、そこから船を乗り継いで久米島までこられました。新元さんはこれまでに変わらぬ気力と体力で島の自治の実現に向けて行動しています。


IMGP2280.jpg
前利さんも、忙しい中、毎回、集いに参加して下さっています。奄美諸島、沖永良部島と琉球の他の島々との比較についていつも教えられています。日本島嶼学会の理事もされており、島に強くこだわり、島から世界に向けて声を出しています。

来年の5月は石垣島の白保でゆいまーるの集いをする予定です。新空港が建設され、「幽霊人口」が増えている石垣島で、島の過去・現在・未来の自治について真剣な議論したいです。
スポンサーサイト

<< 尖閣諸島問題から何を学ぶか | ホーム | 第12回ゆいまーる琉球の自治in久米島 14 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP