FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄島内軍事基地跡地の民生転換―**中南部都市圏3事例の検証から

来年、次の様な研究会が開催されます。真喜屋さんは早稲田大学大学院で在琉球の米軍基地跡地利用について研究してきた方であり、最近、博士号申請口頭試問を
パスされたそうです。これまでの研究成果を活用して、琉球の脱植民地化、脱軍事基地化を進めてほしいと思います。

政治地理研究部会(第4回)研究会

共催:<奄美―沖縄―琉球>研究コンソーシアム
日時:2013年3月9日(土)午後2時より
会場:同志社大学今出川キャンパス志高館地下 SK11教室

http://www.doshisha.ac.jp/**access/ima_campus.html

テーマ:沖縄脱軍事化への道標

オスプレイの配備や度重なる米兵の事件など復帰後40年を経ても**日米による沖
縄軍事化のプロセスは継続している。**観念的に沖縄の非軍事化を唱えることを超
えて、その脱軍事化をどのように実践しうるかについて、**内発的発展論の観点か
ら、沖縄島内での基地跡地利用の事例を比較考察する。

研究報告:沖縄島内軍事基地跡地の民生転換―**中南部都市圏3事例の検証から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・真喜屋美樹(**大阪市立大学研究員)
コメンテーター:冨山一郎(同志社大)

参考文献:

真喜屋美樹「米軍基地の跡地利用開発の検証」宮本憲一、**川瀬光義編『沖縄論』
岩波書店、2010年、143-162頁
真喜屋美樹「返還軍用地の内発的利用―**持続可能な発展に向けての展望」西川
潤、松島泰勝、本浜秀彦編『島嶼沖縄の内発的発展』藤原書店、**2010年、227-254頁

連絡・参考文献請求先:山崎孝史 yamataka[at]lit.osala-cu.ac.jp

上記の情報は、政治地理研究部会HP
http://www1.doshisha.ac.jp/~**tfutamur/PGRG/bukai.htmlにおいてもご覧いた だけます。
スポンサーサイト

<< 軍用地契約拒否が持つ意味 | ホーム | 尖閣諸島問題から何を学ぶか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP