FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間を歩く

昨日は両親のお誕生を祝う、ささやかな昼食会をしました。うるくそばの軟骨そばセットはおいしく、また両親とともに琉球の唄も歌い、楽しく過ごしました。

両親が元気なのが子供にとって何よりのしあわせです。


そのあと、宜野湾でフィールドワークをしました。小さな滝があり、ターイモ、バナナ、その他の植物が豊かに生い茂る場所がいくつかあり、琉球人の本来の生活の姿を想像しました。地域には今でも外人住宅が多く残っています。

雨ターイモ田で人々が働き、子友達が公園で遊び、住民が団地の中を歩いているなどしている日常の上を米軍ヘリコプター2機が爆音を放ちながら何度も旋回していました。

自分の存在、生活の歩みが馬鹿にされているよう感じました。普天間基地周辺には学校、団地、発電所、スーパー等が密集していますが、日本政府は普天間基地をを放置しており、琉球人の生命を軽視していることをあらためて実感しました。


その後、那覇に戻り、当銘さんと与那嶺さんと交流会をし、琉球かかえている矛盾、不正義の現実について話し合い、来年の抱負を語り合い、互いに励ましあいました。
スポンサーサイト

<< 那覇を歩いて感じて考える | ホーム | 琉球というネーション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP