FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

那覇を歩いて感じて考える

今日は午前中たまった琉球の新聞を読んだ後、潮平さんと昼食をご一緒しました。多角的な観点から物事を鋭く観察し、粘り強く反基地の姿勢を貫く姿勢から多くのことを学びました。そのあと、国際通りを歩きながらジュンク堂に行き、琉球関連の新刊本を見た後、大道にある古本屋に行きました。嘉手納さんに教えてもらったところです。

昔は那覇市内も古本屋がいくつかあり、古本屋で立ち読みをしながら新たな発見に胸を躍らせる機会が多かったです。

そういえば、母校がある早稲田の古本屋街も私が学生のころよりも古本屋の数が少なくなっていました。国際通りにある店舗を今、開発経済学の観点から調査していますが、街の変遷を経済的に明らかにしたいと考えています。

再びジュンク堂に戻り、国際法、政治学関連の本も床に座りながら斜め読みして、研究の構想を練りました。

そのあと、歩いて自宅に戻りました。今日は5時間くらい歩いてフィールドワークをしましたが、歩くことで街や人の表情をみて、街の空気を感じることができました。公共事業で今までにない道路ができ、高層ビルも建設され、その前で露店の車が並び、音楽が鳴り響いていました。蔡温橋近辺は大きな変貌を遂げています。

那覇市役所の新しい庁舎は非琉球的な印象を持ちました。国際通りの騒々しい、密集した、欲望にあふれる空気に触れた後、奥武山公園にもどると、いつもの見慣れた風景、公園を歩く人の声を聞き、ゆるんだ表情を見ていると心が安らぎました。同じ那覇でも場所によってこんなにも違います。
スポンサーサイト

<< 那覇高校、南灯寮のネットワーク | ホーム | 普天間を歩く >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP