FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

大学を出て京の町で学生とフィールドワークをしました

今日は、2年のゼミ生と大学を出て、京都駅に集まり、近くの町でフィールドワークをしました。

ゼミ生20人と柳原銀行記念資料館に行き、同資料館の事務局長をされている、山内さんから崇仁地区の歴史、差別と闘う人々の歩み、明石民蔵を中心とした崇仁地区の方々のまちづくり運動の歴史を詳しく聞きました。

特に、被差別部落の方々が学校を作るために模合いをして銀行を設立したというお話に心が動かされました。

その後、町家モデルハウス地区に学生とともに行き、実際、京町のモデルハウスにも入る事が出来ました。多くの学生が溢れるような新しい町づくりを今年、さらに活発化するための様々な取り組みをしているという山内さんの力強い言葉も学生と共に聞き、感動しました。

B級グルメイベント、シンポジウム、京町の崇仁地区センターの開設等が3月23日に予定されています。 

それへの参加に向けて、2,3月には学生が自主的に大学に集まり、山内さんと協力しながら、学生として京都の町づくりにどのように参加できるかを話し合い、計画を練りたいとゼミ長が言ってくれました。他のゼミ生も色々なアイデアを聴かせてくれました。今日の京都の天気のように、心と身体が温まる夕方の授業でした。

2月3日には学生を自宅に招き、交流をしながら、今後の活動について話し合う予定です。 
スポンサーサイト

<< イタリーからマルコさんが私の研究室に来られました | ホーム | カナダの教訓 >>


コメント

今年もよろしくお願いします

震災復興ボランティアに続き、崇仁地区での地域のまちづくりへの取り組みと、松島教授の多様で幅広い活動にエネルギーを注ぐその姿に感動を覚えます。本当の学問を学ぶことで、学生さんたちも大いに成長することともいます。私も頑張らないと!

Re: 今年もよろしくお願いします

コメントありがとうございます。学生さんたちが自主的に大学にあつまって話し合いをします。山内さんも大変喜んでいました。私もいろいろな方々に教わりながら、学んでいきたいと思います。励ましのお言葉感謝します。


> 震災復興ボランティアに続き、崇仁地区での地域のまちづくりへの取り組みと、松島教授の多様で幅広い活動にエネルギーを注ぐその姿に感動を覚えます。本当の学問を学ぶことで、学生さんたちも大いに成長することともいます。私も頑張らないと!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP