FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい琉球の雑誌の創刊

今、東京にいます。昨日は、神田神保町、早稲田の古本屋街を歩き、今自分が読むべき本との出会いを探し求めました。学生時代から古本屋街を歩いていると、自分の関心にあったなじみの本屋があり、その本屋に行くと心が大変落ちつくのが分かります。古本には一つの時代が刻印されており、古本屋めぐりはその時代との遭遇でもあり、これも一つのフィールドワークであると思います。新刊本を売っている本屋では、今の学問の潮流を確認することもでき、昨日も大変わくわくする本を見つけました。

その後、藤原書店に行き、今年5月に発刊する予定の琉球に関する雑誌についての打ち合わせを藤原社長、真喜屋さん、編集者の松本さんとしました。今の琉球の状況について話し合った後、創刊号特集趣旨文を読み合わせ、執筆者案を検討し、全体の構成を考えました。これまで私が対談させていただいた琉球の各方面の第一人者との対談も収録される予定です。
その後、高田馬場の琉球料理屋ハイビーに行き、雑誌の題名、執筆者案についてもう一度じっくり話し合いました。琉球の新しい時代を切り開く雑誌の一つになればと願っています。

今日は滋賀に戻るまで、東京の本屋において今読むべき本を探したいと思います。ベストセラーではなく、古典や本当に信頼できる人の本は読みごたえがあります。私は本に自分の意見や反論を書き込みながら読みます。ある意味で本との格闘ですが、それがまたおもしろいのです。

東京在住の先輩方や友達に連絡すべきですが、今回は時間がなく、グブレーサビタン。
スポンサーサイト

<< 琉球独立論は日本人自身の問題でもある | ホーム | [Editorial]Okinawa should spearhead a global drive to promote peace >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP