FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『通販生活』を巡るましこさんとの議論

ましこさんと、FB上で『通販生活』の琉球独立について議論をさせていただきましたので、ご紹介します。誠実に対応して下さり、まりこさんに感謝します。



ましこさん
例の、無自覚な植民地主義(主観的には良心的なつもり)の典型例だった『通販生活』の「沖縄独立」論。
京都の大学生らしいけど、誠実な思考がちゃんとみられる。すばらしい。

ベンガルトラはウイスキーを飲んだのか
whiskypeople.jugem.jp
人々の相互の関係性によって社会−世界が存在し、また創られていくとき、世界とはだから他者の数だけ存在している。そのようにして、わたしたちは世界の数だけ、他者の数だけの“わたし”をその内に抱えいくことになる。わたしは、そしてわたしが引き裂かれることを拒否する。他者に開くことでわたしはわたしであることを揺り動かしながら、同時に、その内部に潜む捻じ曲がった矛盾を一つずつ解いてゆく。.



松島 泰勝 ましこさんが批判されている通販生活の琉球独立論には私のものも含まれていますが、私の琉球独立論の何が問題なのかを研究者としてお答えください。誠実なご対応をお願いします。




ましこ ひでのり 松島さんの独立論と、基本的にヤマトゥンチュのスタッフがほとんどだろう『通販生活』の議論とが、マッチする方が不可解です。
だって、ヤマトゥは基地ひきうけないっていいはっており(つまり「県外移設」の全否定)、しかも、沖縄人だって、知性のあるひとは、ヤマトゥへのおしつけとか当然のぞみませんよね・・・系の議論ですよね。
研究者うんぬん以前の水準だとおもいますよ。
あと、わたくしの先日の批判をごらんでしょうか? 宮城さん周辺の議論をおってくだされば、たどりつけるとおもいますが。
現在、授業準備がおわっておらず、具体的論点について対応は困難です。あしからず。




松島 泰勝 このリンクに対するましこさんのコメントの書き方は、通販生活に寄稿した論者の議論も批判するというように読めます。雑誌の最初の文言に対する批判なのか、琉球独立論そのものに対する批判なのかを明確にして発言すべきではないでしょうか。わたしはましこさんの私の独立論に対する考えを聞いているのです。ましこさんも日本人研究者として、琉球からの県外移設を問われている主体の一人です。研究者として琉球を研究対象としている一人として、琉球人からの問いに対して、研究者としてどのように受け止めていますか。また、ましこさんの文章の中に「知性のあるひとは、ヤマトゥへのおしつけとか当然のぞみませんよね」がありますが、琉球人に対する誤解、差別を生みかねない表現は使うべきではありません。この文章は他者からの引用であれば、それを明確にすべきです。そうでないと、ましこさんのこの文章が独り歩きしますよ。




ましこ ひでのり 小生、松島さんの独立論について、言及したことはありませんし、『通販生活』に関する御見解についても、ふれたことはありません。
フェイスブックは、過去に自分がかいたことを検索する機能を事実上もちあわせていないので、現状では、引用できませんが、『通販生活』の該当部分について、小生がのべた論点は、ただひとつ。かりに独立に成功したところで、基地が撤去される保証がない現状で、独立しないとはじまらないよ、という説教をヤマトゥンチュがおこなうのは、偽善的であり、無自覚な植民地主義者である。これまでの経緯をふまえて発言せよ。はじをしれ。というものです。松島さんから、これについてご異議がでるとは、想定外でした。
本務にもどらねばならないため、すぐにこの件での応答はできかねますが、なぜ、小生の以上のような批判に、ご異議がでるのか、むしろ御教示いただたきたいとおもいます。ちなみに、宮城さんは、小生の批判におおむね同意されているとおもっております。




松島 泰勝 そのうえで、私はましこさんが独立論をどのように考えているのかを聞きたいと思うのです。琉球人の自己決定権行使の一形態である独立を主張する議論に対して、琉球を研究対象として研究するましこさんがどのように考えるのかを聞きたいのです。「かりに独立に成功したところで、基地が撤去される保証がない現状」という文言はましこさんの意見だと思いますが、私の独立論は基地撤去をするための具体的な方法論として挙げているのです。何をもって、独立しても基地撤去が保証されないと断言されるのでしょうか。現状で基地を撤去させる具体的な・・・もっと見る




ましこ ひでのり かきこみがきえてしまったようなので、みじかくおこたえを。
松島さんたちの独立論が基地撤去の具体的ロードマップのなかにあるなどについて、異論があるはずありません。問題は、かりに同様のロードマップを、ヤマトゥンチュが提示して、独立をすするめるとしたら、基地撤去が完成するまで、責任をおわねばならないという点です。『通販生活』の主張した「独立」のすすめには、そういった緊張感が欠落しています。
経緯を一見気の毒がってみせていますが、「おためごかし」。まるで、ドメスティックバイオレンスの常習犯が、つまに「ぼくとわかれることが、きみのためだ」と、これまでの経緯をリセットできるかのように、ほうりだすのと、そっくりです。




ましこ ひでのり 蛇足ながら、釈迦に説法ですが、「独立のすすめ」には、ふたとおりあります。NIMBY/「対岸の火事」視にねざした、「独立して御自由に」論は、責任放棄であって、共感とは正反対です。もうひとつは友人としての提案ですが、それは具体的ロードマップが不可欠であり、その実現に責任をもつと。
小生は、政治力学にうとく、とてもロードマップなどかききれません。つまり、提案する資格自体をもちあわせていません。だから、沖縄の知人たちに、「独立のすすめ」をおこなったことはありません。
一度、パネリストとして、おまねきにあずかったとき「独立について、どうおもわれますか?」とのといに、「それは、みなさんの意思がえらびとるものであって、ヤマトゥンチュであるわたくしのこたえるべき問題ではありません」とのおこたえをした記憶があります。「あなたまかせで、おまえも卑怯だ」といわれても、具体的ロードマップの作成能力がない以上、実現に責任をおうおわないの資格を欠落させているとかんがえます。10年以上まえの発言でしたが、基本的にまちがっていなかったとおもいます。
ですから、小生の微力を最大限にいかす方向性として、日米両国民の植民地主義を指弾すること、無自覚な植民地主義を学生や読者に自覚させる運動をつづけること。それだけを使命とおもってまいりました。『通販生活』の主張を偽善であると指弾する行為も、その一環です。




松島 泰勝 ましこさんの琉球独立に関する立場、姿勢が分かりました。真摯なお答え感謝します。琉球独立はまず琉球人自身の課題であると考え、仲間と琉球独立総合研究学会の設立を準備して、独立を前提とした議論をする予定です。私自身は拙書『琉球独立への道』で独立の意味を考えましたが、現在も、国際法、政治理論、主権論、民族自決論の研究所を読み、さらに琉球独立の可能性を具体的、客観的にするべく勉強しています。私は研究者ですから、琉球独立を研究の対象としてもたえるものにする義務があると考えています。研究者は他の学者を含む研究者、実践者との議論を通じて自らの研究を磨くのが職業的責務であると考え、ましこさんのお考えを聞きたいと思いました。私は『通販生活』のあの最初の1頁で琉球独立論が提示されたとは思っていません。あくまで導入部分であり、問題はその中身です。自らの名前と立場を明らかにして琉球独立を論じた4人の議論をどうとらえるのかが問題なのです。日本人が投げやり的に「独立すれば」という言説はましこさんのいうように、本当の独立論ではなく、逃げの論法です。日本人が自らの責任を回避するために琉球独立をいうことをもって、琉球独立全てを否定されては、琉球人の脱植民地化運動に対する妨害として受け止めかねません。SNSをみると『通販生活』の琉球独立を強く批判しているのは、ネット右翼のような方が大半です。琉球と日本との関係性を根本的に問い、琉球が主権を獲得しない限り、日本、日本人、日本政府は基地問題を自らの問題と考え、「沖縄差別」をやめないだろうと、県外移設の主張に対する暴力的無視、オスプレイの強行配備、40年の日本による琉球植民地統治の現実からいえることだと考えます。琉球独立の具体的ロードマップをいわないまでも、社会学者として精神の脱植民地化、琉球における主権、民族、マイノリティネイションとしての立場等をどう考えるのかについて、いつか意見の交換ができればと思います。




ましこ ひでのり ありがとうございます。誤解がとけて、うれしいかぎりです。
と同時に、特集の全容をふまえないまま、序文的な部分だけで問題性を追及してしまった点は、「はやとちり」は、かりにまぬがれたにしても、「いさみあし」だったかもしれません。非礼をおわびいたします。

さて、「精神の脱植民地化」については、僭越ながら、国語・国史概念を破砕せよ、という、メッセージをくりかえし発信させていただきました。たとえば琉球大が、琉日関係史・琉球諸語文化などの基礎知識を前提とした入試選抜をおこなう。そういった提案を、何度かしました。琉米関係史・琉中関係史などもくわえるべきでしたが。日本通史とか日本語・日本文学史などを自明の素養として強要してきた学習指導要領の拒否、ないしは、それを止揚する時空上の知の布置関係の広域化。全国一律のカリキュラムを自明視した公教育については、20年ぐらいまえから問題視してまいりました。あいにく、沖縄周辺の識者には、あまり御理解いただけなかったようです。
以上は、もちろん、ヤマトゥンチュの脱植民地化にも当然あてはまり、むしろ無自覚な帝国主義者の末裔たるヤマトゥンチュこそ、以上のようなカリキュラムを必修とすべきだとおもいますが、これまた、みちとおしという現状。

かくいう指摘・提案は、マイナーなまま黙殺されてまいりましたが、すくなくとも、わかい世代の研究者の一部は、「ましこらに指弾されるかもしれない」という、緊張感はもっているようにおもいます。学習指導要領や教員養成課程への影響力を行使できるのは、何十年もさきかもしれませんが、まずは、アカデミズムとジャーナリズムに、どう発信し、どう支持者をふやすか、具体的なシミュレーションが必要なのかもしれません。政治力学にうとく、なにも、できないまま馬齢をかさねてしまいましたが。




松島 泰勝 ましこさんのご意見は現在、多くの方に共有されつつあると、私は実感しています。琉大の石原先生のご研究、オキスタ107の活動があるとともに、那覇市の琉球諸語活用運動そして職員採用試験に琉球諸語を課すといったように、法制度的にマイノリティネイションとして具体的な動きも出てきています。精神の脱植民地化を日常生活の上で実践されている方々に私自身も励まされています。今後とも、ご教示のほど、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

<< 『通販生活』琉球独立論に対するkurinoさんのコメント | ホーム | 『3・11以後 何が変わらないのか ーこの国の「変わらなさ」の核にあるものとは? 』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP