FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『通販生活』琉球独立論に対するkurinoさんのコメント

FBに紹介されたkurinoさんのコメントを転載させていただきます。





一昨日『通販生活』2012年春号が自宅に届いた。1冊の定価が180円なり。お金を出してカタログ雑誌を買うのは人生初かも。『けーし風』『Myaku』『うるまネシア』などのミニコミ誌や『情況』の沖縄特集号を数か月遅れでなんとか買えたり(売り切れで買えなかったり)した以外は雑誌をほとんど買っていない。まして、こんな写真中心の雑誌を買うのは2001年の「9.11」特集の頃の『SIGHT』誌以来かもしれない。『通販生活』も今回の沖縄特集がなければ買っていなかったはずだ。


で、雑誌の感想。...問題の「沖縄独立」特集は本誌を手にする前と後で印象が少し違った。まず、『通販生活』誌の自主広告のページとして私が勝手に理解していた問題の誌面は「沖縄独立」特集の扉のページだった。私の感性が鈍化しているせいなのか、すでに内容を読んでいるせいなのか、違和感はほとんど感じなかった。松島さんと仲地先生の文章もすんなり読めた。


大橋巨泉と伊勢崎賢二という人の主張にも一理があると思えた。「ゲバゲバ90分」「クイズダービー」でおなじみの大橋巨泉がまじめな「沖縄独立」論者であることをはじめて知った。復帰後に交わされたという大橋巨泉と上原康助氏の議論が印象的だ。当時から「沖縄独立」論者だった大橋に、上原氏は「人権侵害」「治安」「賃金差別」の改善といった「目の前の課題をなんとかしなければいけない」と答えている。


この上原氏の言葉は大橋にとって「鉛のように腹にこたえ」たという。特集全体の感想になるけれど、今回の特集は、実は「沖縄独立」のススメではなく、「沖縄独立論」議のススメだったのではないかと思った。そしてそれは総じて歓迎していいのではないか、と私は思う。新崎盛暉氏がかつて批判した『週刊金曜日』の特集タイトルは「「沖縄独立宣言」のススメ」だった。


『週刊金曜日』の「独立宣言」のススメから『通販生活』の「独立」論議のススメへ。1997年から2013年まで16年近くたっているけれど、日本の「良心系」雑誌における「沖縄独立」の扱いはこの間どう変化したのか。何も変わっていないという見方もできるだろうけれど、やはり少しだけ変化している、というのが現在の私の感想だ。最大の変化(のきざし)は「沖縄独立」論議がタブーでなくなりつつあるということ。


『通販生活』誌は今年一年かけて「沖縄を忘れない」というテーマを追究するのだと言う。次回の特集では今回の「沖縄は日本から独立したほうが幸せではないのか。」といキャッチコピーに対して「日本は沖縄から独立したほうが幸せではないのか。」と見事な切返しで反論した宮城康博さんや他の人の「独立」批判論を特集してみてはどうだろうか。続きを読む
スポンサーサイト

<< 真久田さんがニライカナイに行かれました | ホーム | 『通販生活』を巡るましこさんとの議論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP