FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

真久田さんがニライカナイに行かれました

昨日,本村さんから真久田さんが、ニライカナイに行かれたというご連絡をいただきました。真久田さんとは私が大学院生の頃、琉球独立について高良さんとともに話を聞いたのが出会いの初めです。

久高島で行われた第一回のゆいまーる琉球の自治にも参加していただきました。ときには私に対して好意的な批判をされ、励まして下さいました。

八重山の話し方で暖かく、私たち琉球人の後輩を助けて下さいました。『うるまネシア』の編集長として、一貫として琉球独立を考え、積極的に議論を巻き起こしてきました。また真久田さんが同誌に描かれた絵も素晴らしく、毎回の絵が楽しみのひとつでもありました。

詩人である真久田さんが語り、書く言葉も力強く、深く私の心に沁み込みました。このような真久田さんがされてきたことをわれわれが引き継ぎ、さらに発展させていくことが、真久田さんのご遺志に沿うものであると思います。

私の住む滋賀では今、大雪が降っています。白い風景の中に真久田さんのことを今日は考え、これから自分がやるべきことを改めて考えてみたいです。真久田さんは、ニライカナイから琉球の独立を暖かく見守り、助けてくれると信じています。琉球人のマブイの力はとても強いのです。

それを人生をかけてわれわれに示してくれたのが真久田さんでした。
スポンサーサイト

<< 照屋さんが、『ほーむぷらざ』に紹介されました | ホーム | 『通販生活』琉球独立論に対するkurinoさんのコメント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP