FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立論への反論

次の文章は、宮古島に住む、ある日本人移住者からの反論です。特に、最後の文は具体的に何を持ってこういうことを言うのでしょうか。

「先島に住んでいて考える事が多くなった琉球独立の議論。今の中国にとって喉から手が出るほど欲しい地理的場所。直ちに中国に主権取られ、今の米軍基地以上の中国軍基地だらけ、驚くほどの格差社会になると思う。琉球独立論者達は特権階級になりウハウハ。我ら市民は日本に戻して欲しい思うのでは。先島は琉球に捨て石にされるような。また、琉球の文化を残したいと思っているのは移住者の方が多いような気がする。」






次のような意見もありました。この方は、琉球の「苦労」を本当にわかっておらず、現在の植民地支配を永続化したいと考えているようです。

「そりゃ苦労も有るだろうけど、旨味もあったでしょ?独立!とか子供見たい。嫌なら上京してくれば?そんな人、五万と居るよ。」
スポンサーサイト

<< カタルーニャ州議会が主権宣言を行う | ホーム | 沖縄(琉球)が独立する日-自主・自由のメリット龍谷大・松島泰勝教授にきく(下)7 >>


コメント

移住者的立場とは、現在進行形の視点とは必ずしも合致している訳ではない

琉球文化を継承発展させる権利があるのは、琉球に住んで生活している全ての人々です。
特別、独立賛成派やそれ以外の琉球人に生まれた人々の特権ではありません。
本来、悠久なる歴史とは、今現在だけ観て語る事等出来ようもありません。

様々な思い入れが、様々な人々にあるんだろうと思います。
有って当然なのです。

私は、一番肝心なのは、必ずしも制度上の問題ではないと信じたい。

人間性の完成を目指す事だと思います。

現在のやり方、捉らえ方が、あまりにもそれから逸脱しているのではないか?

疑問符を投げかけられるのは、琉球の主権独立だけなのです。

中国を含め、よその国の思惑や策略は、実際問題は、まったく次元の違う話なのです。

一般的に市民生活でも、ご近所やお隣りさんは、当然善い人々の方が素晴らしい。
それは誰でも知っている真実です。
だが、そんな都合よい話ばかりではない。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

旨味と言う名の甘い誘惑幻想で、世の中の多くの人々は憐れな自己喪失感に苛まれるのです。

中央志向によって、琉球から、野太いバイタリティー溢れた独創性は元気が無くなってしまいました。

それは、当然、日本人の地方の人々にも同様の事は当てはまりますね。

人間性が元気を取り戻し、若返る為には、根っこの部分、内なる自然人の心を取り戻す以外に道はありません。

琉球独立という問題は、琉球人だけの問題では決して有り得ない。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP