FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海外在住の日本人の方からのコメント

海外にお住まいの日本人の方から次のような琉球独立に対するコメントを頂戴しましたので、ご紹介します。



昨今の日本を海外から見ているとこれまで棚上げされ蓄積された問題が一気に噴出したように感じ選挙後は特に日本の危機を感じております。

問題の根底の多くは、日本人特有の『臭い物には蓋』的な問題を横目にしながらも気づかないふりをし、問題と面と向かわずにきたからだと思います。

東北の震災後は特に、原発村や日本の暗部を多く目にしたにも関わらず何の問題解決も無く、選挙結果は右傾化し米中韓との外交も目を当てられないほどです。松島様のブログを拝見し沖縄が受けてきた事実を多く知ることができました。

やはりこれらの問題の多くは、大手のマスメディアが沖縄の置かれている現状をきちんと発信していないことが大きいのではないかと思われます。私は松島様より10年ほど後の世代ですが、身の回りにいた沖縄出身者については他の地方出身者と変わらず特に差別されているという認識は全くありませんでした。

ただ、沖縄の置かれてきた歴史であったり、日本国内にある米軍基地についてなど国民が知らされていないことが多すぎると実感します。

今はネットが普及しているため情報を発信することも得ることも容易ではありますがもっと、日本人が教育機関などで知ることも必要だと強く思います。これまでに一度、横須賀基地周辺のどぶ板というところへ行ったことがありますが、身の危険を感じました。あのような場所が多く存在する沖縄の人たちの生活を考えると、とても気の毒になります。

基地問題に関して無関心なのは基地周辺の町がどのような状況に置かれているのかということを知らないことが原因だと思います。米軍基地の存在自体が日本にとってどうあるべきなのか見直さなければならないと思います。もしこのまま存続であるとするならば、勿論沖縄の基地は分散して本土移転するべきだと思います。

在韓米軍は陸軍が撤収するという話があったように思うのですが日本からは無くならないのでしょうか。ただ、裏を返せば、撤収の意味は第一前線に米軍を置くと被害が大きくなる為後退させたと考えるのは考えすぎでしょうか。

長々と乱文を連ねてしまい申し訳ありません。
個人的には、沖縄の現状を国民全体がもっと知り、米軍基地のあり方を見直し政府は外交へ力を入れることが第一と考えます。また、松島様のように多くの沖縄の人たちが独立、自治を望んでいるならばそれも選択肢の一つと考えます。

ただ、後者の場合、独立後の沖縄はまた戦渦に巻き込まれるのではないかと懸念します。つい最近も中国や韓国が国連へ領海域を沖縄トラフまで延長依頼を出しました。これは日本海及び沖縄周辺に眠る第二のエネルギー資源をめぐる攻防ですよね。竹島、尖閣諸島の問題もこれが要因だと強く実感します。アメリカのエネルギー省の動きを見ればよくわかります。

昨今の急激な日本周辺の不穏な流れはもしかしたらアメリカがたきつけているのではなかろうかとさえ思えます。これまでの彼らの行動は中東やアフリカなどで同じことを繰り返してきました。戦争の種を撒き、戦渦が激しくなってきたところで平和的仲介のために軍事介入、そして統治。その実はエネルギー資源の搾取。

沖縄は一番巻き込まれるのではないだろうかと懸念します。松島様がお考えのようにこれまでの沖縄の歴史の中で中国との方が長く友好的であったように捉えていらっしゃるようですから中国側になるというのも、もし沖縄の人たちの民意であるならばそれも良しかと。

勿論、理想は中立的な独立、自治だと思います。
中立であるためには資金が必要です。スイスのように。彼らはヒットラーの莫大な資金を元に世界中の資産家の資金を集めて中立国が成り立っています。ご存知かもしれませんがスイスの国民は全員銃を国から支給され、いつ何時でも全国民が軍隊となれるよう訓練もしています。

松島様が理想として例にしているパラオは沖縄のような島でありながら全く異なるものだと思います。まずは中国、韓国からも随分と離れています。片や沖縄は目と鼻の先です。危険値はずっと高くあると思われます。沖縄がメタンハイドレートを元に資源資金ともに独立できれば、中立国として可能にならないかしらと理想を考えたり、どのようにして米中間の魔の手から逃れ中立になれるのだろうかと難題に途方にくれます。

日本人が単一民族国家というのは明治政府などの幻惑です。豊かな縄文時代があり、自然と共存してきたアニミズム信仰がアイヌの人や私たちには流れていると誇りに思います。松島様は琉球は中国の人々の血が流れているとおっしゃっていましたが、私たち日本人全員が、中国や韓国などの渡来の血が流れているのです。逆にアイヌの人と沖縄の人には本来の縄文の血が守られている。とても素晴らしいことと思います。

日本という国は、大陸の東の果てです。長い歴史の中で中国、韓国だけでなく多くの人々や文化などが辿り着いて来たと思います。そしてそれらを人々は受け入れ、咀嚼し新たに新しいものを生み出してきたのではないでしょうか。

同じ人間同士が、憎み争いあうことは本当に愚かしいことです。ヨーロッパから見れば
日本からフィリピンまで全てアジア人です。なぜ同族で憎みあわなければならないのでしょうか。
一番の理想は、軍も武器もなくなることですよね。

沖縄へは、いつかは必ず行きたいと思いながらも未だ足を踏み入れていません。でも近い未来に沖縄へ赴き、ユタの人々や沖縄の伝統にも触れその良さを学びたいと思います。美しい海と美しい島がいつまでも平和であることを心から願っています。

--------------------------------

真摯なメール感謝します。
琉球独立により東アジアが戦争になるという仮説についてです。琉球からみれば、琉球が主権をもたないために、日米によって基地がおかれ、尖閣諸島を巡る緊張が高まっている現状こそが
まさに危ない状況であると考えます。このような戦争に至る道を防ぐ一つの方法として琉球独立があると考えます。




早速のお返事、大変嬉しく存じます。


東アジアの戦争は、琉球独立が発端になるとは思っていません。
現状のまま、日本が外交、国政を続けるならば
いつ起きてもおかしくないと感じております。

ここ数年、文化(ドラマなど芸能や漫画)を通して国民レベルで
日中韓関係がこれまでにないほど友好的であったのが
竹島問題を機に、まるで中東と変わらぬ緊張関係に
なったことに、とても残念に悲しく思います。

日本の国民は、なんて純粋過ぎるのでしょうか。
これほどまでに、ネットを通じて日本以外の他国の情報も
多く得られるにも関わらず、ごく限られた情報のみで
安易に左右される思考。とても危険だと思います。

震災後、多くの人が気づき感じたと思っていたのですが
まだまだ国民は、テレビの情報を鵜呑にしているのでしょうか。

ネットでも片方の意見だけを検索していくと、どこまでも
その意見のみに支配されます。それに支配されているのが
現在、増加していると言われている
ネット右翼なる人々の存在。

情報は、必ず誰かによってプロパガンダされているという認識のもと
双方の意見を捉え、その真意を見極めることが重要だと
思います。

話は大きくそれてしまいましたが、松島様は
沖縄が自治、独立することでこの戦争を回避することが
できるとおっしゃっていましたが
どのようにして回避できるのでしょうか。
まだ、ブログを全て拝読しておりませんが少しずつ進めて参ります。


海外へ出ると、アジアの中でも取り分け、日中韓は区別もできないほど
本人たちにしかわからない、とても僅かな差です。

世界には多くの民族が存在します。
差別というのは、無知がなせる愚かしい事です。
その民族の背景、歴史文化などを知ると、差別などという現象は起こらないものだと思います。
ただ、弱い人間ほど自分より下になる存在を見付けたがるものです。

本当に愚かしいことですよね。
ヨーロッパでは、中韓の若い留学生とも出会うことが多くあります。
彼らは、本当に日本の文化が好きでとても人なつっこく可愛らしくもあります。
反日教育を受けてきたとは微塵も感じられません。

恐らく、高等教育を受けてきた人々はやはり、知識もあり
ご自分たちの意思もしっかり持っているのだと思います。


大戦後、日本を通して世界は平和だと思っていましたが
中東そしてアフリカと、どうしてこうも戦争や紛争が立て続けに
起きるのでしょうか。

一人ひとりが、しっかりとその紛争の真の意味を知ることが
本当に重要だと思います。
恐らく紛争地の人々は戦争を望んでいません。
他国の一部の人の利益の為だけに、いつも起きるのだと
そしてこれまでの歴史の中でもその利益の為だけに
多くの犠牲者がいた事を気づかなければなりません。


日本も同様です。
国民一人ひとりが、現状の日々の快楽を続けるためには
これまで、他人任せにしてきた物事(政治など)に関心を持ち
参加し、真実を知るために討論することが大切です。
しかしながら日本人は討論が不得手です。

自分と異なる意見を最後まで聞かず、決め付けで
売国奴などという死語で敵対してしまいがちです。
それでは、いつまでも平行線のままで生産性はありません。


松島様や沖縄の人々は、恐らく戦後も変わらず
無情にも占領され続けている事実をご存知で
自分たちの力ではどうしようもない為
自治、独立を目指していらっしゃるんですよね。

でも、実は日本全体が戦後ずっと占領(コントロール)
されているのでは無いでしょうか。

沖縄の人々は気づいているのに
本土の国民だけが気づいていないだけでは・・・
抗えない大きな力に支配されているように思え
やるせない気持ちになることが多々あります。
それでも、私達一人ひとりが行動するしか
解決策は見出されませんよね。


日本や東アジアが平和であるためにも
真のリーダーを選び
諸外国と対等に和平的に
交渉が進むようになってほしいと
強く望みます。


松島様が、今後も平和的に
ご活躍なさることを陰ながらお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

<< 日本は本当に「独立」しているのか〔琉球と日本・アメリカ・中国との関係軸から問う〕  | ホーム | カタルーニャ州議会が主権宣言を行う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP