FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなに求めても与えられない哀しみ-なぜ沖縄だけが重荷を...


奄美大島在住の原井一郎さんが沖縄タイムスのコラムを送付して下さいましたので、ご紹介します。原井さんには以前、奄美大島に行ったとき、色々とお話を伺ったほか、『琉球独立への道』をお読み下さり、ご感想を聞かせて下さいました。にーふぁいゆー。

沖縄タイムス[大弦小弦]2013年1月28日
<どんなに求めても与えられない哀しみ-なぜ沖縄だけが重荷を...>
 どんなに求めても与えられない哀(かな)しみ。米軍基地に関して言え ば、沖縄は常にそんな思いを抱き続けてきた。哀しみは、抗議と怒りの色> を帯びて本土に問い掛ける。なぜ、沖縄だけが重荷を背負うのか。
 県内41市町村の首長や議長、県議らが、オスプレイ配備反対や普天間 飛行場撤去を求めた「建白書」を携え、東京行動を展開している。さまざ まな立場の政治家が、「基地の負担軽減」を胸に団結することは画期的な 出来事だ。
 行動へと駆り立てるのは記憶である。多くの犠牲者を出した沖縄戦。親 類には必ずと言っていいほど、戦没者がおり、なお心身に刻み込まれた戦 時の傷に苦しむ人たちがいる。戦争を知らない世代の心にも体験者の苦難 の言葉が刺さる。
 戦後は、銃剣とブルドーザーで土地を奪われた。米軍の事故や犯罪は一 向に減らない。そして今、よそ者オスプレイが、わが物顔で頭上を飛び交 う。この不条理は、もはや我慢できない。
 政府は「負担軽減」を口にするが、現実は逆だ。過去、何度も県民大会が開かれてきたが、その声に向き合おうとする態度が見えてこない。沖縄には、沖縄が求める空がない。本当の、本来の空を見たいと願う気持ちは、誰にも止められない。ごく当たり前の問いに、政府は真摯に耳を傾け、行動する時期が来ている。(平良哲)
スポンサーサイト

<< 3・11以後 何が変わらないのか | ホーム | 日本は本当に「独立」しているのか〔琉球と日本・アメリカ・中国との関係軸から問う〕  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP