FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『アマシンダ』の紹介

現在申請中のNPO法人ゆいまーる琉球の自治の理事であり、奄美大島平田在住の新元博文さんが書かれた『アマシンダ』を紹介します。

新元さんには、来月開かれる予定の車座の集いの受け入れにつきまして大変お世話になっています。

同書は1987年に海風社から発行されました。

同書には次のような記述があります。

「奄美はこれでいいのか。これでいいという人はほとんどいないはずだ。じゃどうすればよいか。その前になにがよくないのか、それを問題にしなければならぬ。

立場によって様々な問題がある。問題ばかりが山積している。それは奄美だけではない。ただ問題の解決には奄美の人々が真剣に取り組むしかないということだけがはっきりしているのである。」(6ページ)

「快楽のみを求めれば畜生道に落ちる。個人的利害を先んずればこれまた畜生道だ。

人間が本当に人間としての道を歩むためには我々が個人的利益なるものをできるだけ排し、すべての人々がお互いのために働くことである。」(7ページ)

宇検村の枝手久島に予定されていた石油備蓄基地計画を廃止に追い込む住民運動を展開し、現在は森林組合の組合長として島興しに取り組んでいる新元さんの生きざまがこの本に濃縮されています。

島に住む人間しか島のことを真剣に考えないし、島の人間が問題解決の中心的担い手になると思います。

新元さんの言葉である「すべての人々がお互いのために働くこと」はまさに「ゆいまーる」のことであり、このような気持ちと実践をどれだけ地域の人が共有しうるかが問われているのだと考えます。 


スポンサーサイト



<< 『しまぬゆ1―1609年、奄美・琉球侵略―』の紹介 | ホーム | 『田舎の町村を消せ!―市町村合併に抗うムラの論理』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP