FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオでの楽しみ

1999年10月21日の沖縄タイムス「唐獅子」に掲載された私のコラム、「パラオでの楽しみ」を掲載します。


 パラオ人は週末になると、自家用ボートに乗って釣りに行く人が多い。朝から夕方近くまで魚を釣り、釣れた魚はボートの上で刺身にして醤油を付けて昼飯にする。

大漁の日には家庭用の食料にしたり、親戚や友達に配る。釣りはパラオ人の生活にとって欠かせない。

 我々が誰か好きな人ができた時には映画や食事に誘うが、パラオ人は好きな人を釣りに誘うのがデートの申し込みの方法である。

相手が一緒に行くと返事したら、自分に気があると考えていいし、沢山の魚が釣れたら、さらに好意をもってもらえるだろう。

 また、パラオ人にとって欠かせないのはビテルナッツ・チューイングである。それは、ビテルナッツという植物の実を半分に切り、その間に石灰、タバコの葉を入れて口の中で噛む習慣である。

鎮静作用があるらしい。パラオ人は実、石灰、タバコを入れる小さなバックを持ち歩き、いつでも噛めるようにしている。台湾やヤップ島でも同じような習慣がみられる。

 パラオにはパラオ人以外にも幾つかの民族が住んでいる。フィリピン人の楽しみは街の中心にある体育館でバスケットの試合をすることである。同胞が大勢で声を張り上げて応援している光景を車からしばしば目にする。

 私はよく夕方、陸上競技場で歩いているが、熱帯地方の独特の雲を見たり昆虫の鳴き声を聞くのが楽しみであり、時々、パラオの子供が「こんにちわ」と声を掛けてくることもある。

顔なじみもでき、足の筋肉が発達したおじさん四人組には毎回会うが、非常に早いスピードで歩いている。聞くところによると、グアムで行われたウォーキング大会のシニア部門で優勝したそうだ。

母親が幼い子供を励ましながら歩いたり、若い女性がダイエットを目標に必死に走ったり、空手着を着た先生と生徒がかけ声を出しながら走っている。

競技場の真ん中のサッカー場ではバングラデッシュ人が30人くらいでサッカーをし、点が入ると歓声が沸き上がる。それぞれの人々が自分達なりにパラオの生活を楽しんでいる。

スポンサーサイト



<< パラオの歌謡曲 | ホーム | 伊江島ゆいまーる会議14 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP