FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『3・11以後 何が変わらないのか』が自宅に届きました

『3・11以後 何が変わらないのか』が自宅に届きました。昨年9月、富山の利賀で行われたシンポが収録されたものです。シンポのお誘いを頂いた演劇人会議の山村さん、岩波書店の山本さんにお世話になりました。また大澤さんや山下さんとも色々とお話ができてよかったです。是非お読みください。

大震災と原発事故が起こってから2年近くが経過しました.これによって,日本は変わるはずでした.ところが,事故原因の究明と事故処理の仕方,被災者・避難者への賠償や生活支援,「復興事業」の手法を見るとき,あまりにも「3・11」以前と変わりません.そこへと至った過去の過ち,手法が繰り返されているように見えます.

 いったい,何が変わらないのか.どうして変わらないのか.何がそうさせているのか.――本書では,こうした課題が集中的に現れている沖縄と福島という二つの地域の現在をめぐって(第一部),そして日米関係を中心としたグローバルな政治と経済の歴史的状況をめぐって(第二部),社会学者の大澤真幸氏がコーディネーターを務める二つの討議から考えます.

 第一部は,在グアム日本総領事館や在パラオ日本大使館に勤務後,島嶼経済學を研究しながらNPO法人「ゆいまーる琉球の自治」代表を務める松島泰勝氏,東北の地域社会を社会学の観点から観察し続けてきた山下祐介氏を交えての討議の記録です.巨大な中央主導のシステムに巻き込まれて人間が切り捨てられるなかで,地域の経済的・政治的自立はどのようにして可能なのか,そこでの文化的アイデンティティの問題等を探ります.

 第二部は,アメリカ政治外交史や日米関係を専門とする五十嵐武士氏,エコノミストとして岐路に立つ資本主義のゆくえをめぐって活発な発言を続ける水野和夫氏を交えて議論します.8・15と3・11を二つの「敗戦」と考えたとき,何が同じで何が違うのか.日米関係,民主主義,資本主義,テクノロジー,東アジア,領土問題等々を論じます.

(編集部 山本賢)

著者プロフィール

大澤真幸(おおさわ・まさち)

1958年生まれ.社会学者.千葉大学文学部助教授,京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任.著書に『ナショナリズムの由来』(講談社,毎日出版文化賞),『不可能性の時代』,『夢よりも深い覚醒へ』(以上,岩波新書)など.


松島泰勝(まつしま・やすかつ)


1963年,琉球・石垣島生まれ.龍谷大学教授.島嶼経済学.NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表.在ハガッニャ(グァム)日本総領事館,在パラオ日本大使館勤務等を経て現職.著書に『琉球の「自治」』(藤原書店),『ミクロネシア』(早稲田大学出版部),『琉球独立への道』(法律文化社)など.


山下祐介(やました・ゆうすけ)


1969年生まれ.首都大学東京准教授.都市社会学,地域社会学,環境社会学.弘前大学人文学部准教授等を経て現職.著書に『リスク・コミュニティ論』(弘文堂),『限界集落の真実』,『東北発の震災論』(以上,ちくま新書)など.


五十嵐武士(いがらし・たけし)


1946年生まれ.東京大学名誉教授,桜美林大学教授.比較政治,アメリカ政治外交史.著書に『対日講和と冷戦』,『覇権国アメリカの再編』(以上,東京大学出版会),『戦後日米関係の形成』(講談社学術文庫),『グローバル化とアメリカの覇権』(岩波書店)など.


水野和夫(みずの・かずお)


1953年生まれ.エコノミスト.埼玉大学客員教授.著書に『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』(日本経済新聞出版社),『金融大崩壊』(NHK出版),『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(日本経済新聞出版社)など.




目次



はじめに


第一部 「オキナワ」と「フクシマ」から考える

――振興・開発至上主義からの「自立と自治」


松島泰勝,山下祐介,大澤真幸


1 現状と課題をめぐって/2 琉球と東北,その歴史的背景

3 基地と原発/4 自立と自治へ――今後の展望


第二部 二つの「敗戦」から考える

――戦後日本の「独立」六〇年にあたって


五十嵐武士,水野和夫,大澤真幸


1 二つの敗戦――何が同じで何が違うのか/2 これからの日本を考える視点/3 日米安保と沖縄/4 東アジアのなかで






岩波書店
www.iwanami.co.jp
スポンサーサイト

<< 南三陸町復興推進ネットワークから松島ゼミあてに礼状が届きました。 | ホーム | 研究進む琉球独立の道 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP