FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

明日から学生と琉球に行きます

明日早朝、龍谷大学の学生、職員総勢12名で琉球に行きます。読谷にある知花昌一さんの民宿に泊まります。首里城で琉球王国時代を学び、美浜に行き基地跡地を訪問します。


12日は沖縄国際大学の友知ゼミの学生さんと意見交換します。友知先生から反基地運動についてお話を伺います。一緒に食事をした後、普天間基地のフェンス、ゲートに行き、基地の存在を自分の肌で感じます。その後、コザに行き、まちおこしの活動をされている照屋さんとともにコザの町を歩きます。


13日は知花昌一さんに読谷のガマ、グスクなどを案内してもらい、村の歴史と今を学びます。その後、宜野湾にあるカフェくろとんで、命薬の食事をして、佐喜眞美術館、嘉数高台などに行きます。


14日は、平和資料館で沖縄戦について学んだあと、平和の礎に行き、石碑を皆で磨かせてもらうボランティア活動をする予定です。この4日間、知花さんの民宿を拠点にして、学生とともに琉球の平和について深く考えてみたいです。
スポンサーサイト

<< 尖閣諸島は『日本固有の領土』なのか | ホーム | 南三陸町復興推進ネットワークから松島ゼミあてに礼状が届きました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP