FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レギュラシオン理論のリーダー、ボワイエ氏が琉球にきます。


ロベール・ボワイエ氏が2013年2月22日(金) 17:00から、沖縄県立博物館・美術館 講座室
にて講演をされます。私は講演の通訳として参加する予定です。大学院時代にレジュラシオン理論の本を何冊か読み、琉球との関係について「劇場国家におけるミメーシスと暴力の論理ー バリ島と琉球列島における経済社会の内発的展開(上)(下)」という論文を大学院時代に書きました。

ボワイエ氏はレギュラシオン学派のリーダーです。最近、米国、中国、日本の経済危機分析に関する論文を書かれました。ご関心がありましたら、是非おいで下さい。

ロベール・ボワイエ(Robert Boyer)
1943年生。パリ理工科大学校(エコール・ポリテクニック)卒業。数理経済計画予測研究所(CEPREMAP)および国立科学研究所(CNRS)教授,ならびに社会科学高等研究院(EHESS)研究部長を経て,現在は米州研究所(パリ)エコノミスト。公職としては1997年から2003年まで仏首相直属経済分析諮問会議委員を務めた。

著書に『レギュラシオン理論』『入門・レギュラシオン』『第二の大転換』『現代「経済学」批判宣言』『世界恐慌』〈レギュラシオン・コレクション〉『1 危機――資本主義』『2 転換――社会主義』『3 ラポール・サラリアール』『4 国際レジームの再編』(共編著)『資本主義vs資本主義』『ニュー・エコノミーの研究』『金融資本主義の崩壊』(以上いずれも藤原書店)『レギュラシオン』(ミネルヴァ書房)などがある。




スポンサーサイト

<< 2月23日、「しまんちゅスクール」でミニトークを開催します! | ホーム | 『うるまネシア』第15号ができました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP