FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオの歌謡曲

1999年の沖縄タイムスの唐獅子の欄に「パラオの歌謡曲」が掲載されましたので、ご紹介します。


 車を走らせラジオの歌謡曲を聞いていると時々、不思議なそして懐かしい気持ちになることがある。

あるパラオ語の歌謡曲を聞いていたが、そのさびの部分にはいると「決めた、決めた」等と日本語が入ったのである。

 また、歌詞はパラオ語だけど何処かで聞き覚えのある曲が流れ、耳を澄ますとそれは「安里屋ユンタ」であったり、「二見情話」であったりする。パラオ語の沖縄民謡もなかなかのものである。

 パラオのラジオには1つのAM局と5つのFM局があるが、殆どの局には「ジャパンアワー」があり、早朝、午後、夜に日本の歌、特に演歌をそのまま流している。

1970年代、80年代に流行した日本のポップス特集を聞いたときには、ここはパラオかと一瞬疑った。

 パラオの若い人は小学生からの英語教育により、お年寄りと比べればそれ程日本語は達者ではないようだ。しかし、幼い頃から日本語の歌を聞いて親しみが湧き、演歌好きになった人も多いと聞く。

NHKの歌謡番組、のど自慢等も人気の番組だそうだ。あの美空ひばりもパラオでは有名な歌手の1人である。

 パラオの音楽事情をもう一つ。公共工事のくわ入れ式、屋外レセプション、結婚式その他各種式典等の会場で必ず耳にするのが歌姫の朗々たる歌声である。

 歌が始まると思い思いの衣装の婦人達が10人ほどで1ドル紙幣を両手に握り、それを頭上で揺らし腰を振りながら歌姫に近づいて周りで踊り始める。

そして次々に歌姫の手にドル紙幣を握らせては去っていく。こうして何曲もの歌が歌い終わるまで歌姫と婦人達の競演は続く。式典での一番の見せ場と言って良いだろう。

 人々が集まると歌い踊る。歌もパラオ語だけでなく、日本の演歌、沖縄民謡から影響を受けて自分のものにしている。沖縄と同じく、南国の大らかさと包容力を感じる。
スポンサーサイト



<< めんそーれパラオ | ホーム | パラオでの楽しみ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP